FC2ブログ

レシピ

AvatarAテレビで1964年の東京五輪のエピソードを取り上げた番組を観た。
いくつかエピソードが紹介されたが、選手村のコックの話が印象的だった。

東京五輪では選手に食事を提供する為に多数のコックが集められた。
日本料理だけでなく参加国の料理も調べて出来るだけ提供するように努めた。
初めて作る料理も多く、大量のレシピが配布された。
これが意外な波紋を呼んだ。

当時の料理人はレシピなど残さない。
料理の作り方は誰も教えてくれない。
つまり先輩から盗め、ということ。
しかし見たことのない料理を多数のコックが作るにはレシピに頼らざるを得ないのだ。

この頃から自分の技術やノウハウを隠す職人気質は段々消えていったようだ。

私がSEになった頃、ベテランSEの中に、自分が担当するシステムの設計書を一切残さない人がいた、
自分の仕事が誰かに取って代わられることを妨害する為だと噂されていた。
設計書が無ければ、そのシステムの保守の為に、担当のベテランSEを確保しなくてはいけなくなる訳だ。
つまり手慣れたポジションを維持し、意に添わぬ転勤を避けることが出来るのだ。
会社から見れば、配置転換できないとか、急病時の対応が出来ないなどのデメリットがある。
結局個人の利益を追求し、会社や同僚の不利益を生んでいるのだ。
最近はそういう人は見かけなくなったけどね。

さて東京五輪に話を戻そう。
以前に紹介した『ベラ・チャスラフスカ(2015.1.9)』から引用しよう。

日本とチャスラフスカは相思相愛で、彼女は、当時世界の頂点にいた日本男子体操、特に遠藤幸雄にあこがれた。
技術的な質問をすると何でもオープンに教えてくれる遠藤の人柄にひかれた。
「なぜ外国人の私にそんなに親切に教えてくれるのか?真似されたら困るんじゃないですか」とベラが聞くと、遠藤は「真似されたら、それを上回る技を編み出せばよい」と答えたという。
ベラはこれを侍の精神と称賛し・・・

この遠藤の言葉は、1964年の日本に存在したであろう理想主義を感じさせる。
その雰囲気はコックたちにも伝染したのかもしれない。

ベラ・チャスラフスカ(2015.1.9)

ここで言う「レシピ」はほぼ「マニュアル」と読み替えることができると思う。

技術が広がるにはマニュアルは不可欠で、高い水準の技術を持ちながら明治維新時に欧米に遅れを取っていたのは、ただ鎖国のせいでなく多くを門外不出とする文化のせいによるものと思う。

先の話によれば維新後も料理界ではその気風は残っていたようだが、必要に迫られてマニュアル化による公開が行われたということだよね。

一方で、職人気質はプロ意識を磨くのには役に立って、体操における遠藤のようにその時点ではそれを公開しても負けはしないという自負を持っていたということだろうか。

最初からマニュアルで育った者が、かってのような矜持を持ち続けることはできるのだろうかいう疑問が頭をもたげなくもないが、もちろん、レベルの高い者はその域に達しているのだろう。

それはさておき、インターネット、youtubeにおける情報の公開などもかっては考えられないことだ。

またスポーツにおけるデータの導入も、かっては一部の頭のいい者が独占していた情報の公開という気がする。
関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

ウィンチェスター銃73

AvatarA年末にNHK-BSで『ウィンチェスター銃73』をやってたので観た。
中学の時以来だから50年ぶりぐらいだ。
内容はほとんど覚えてなく、滅茶苦茶面白い映画という印象だけ記憶していた。
その記憶は裏切られなかった。
ウィンチェスター銃千丁に一丁だけ出来ると言われる名器をウィンチェスター73と呼ばれる。
銃に命をかけるガンマンたちのあこがれだ。
この銃が人から人に渡り歩くのを追いかけるオムニバス方式の物語。
このオムニバスの各エピソードの中に西部劇でお馴染みのプロットや名前が登場する。
これが観客の想像力を膨らませ、ワクワクするような物語となっている。

ダッジシティで射撃コンクールが開かれる。
優勝者にはウィンチェスター73が与えられる。
キャトルトレイル(長距離牛追い)の話によく出てくる町だ。
審判は保安官のワイアットアープ。
アープは『OK牧場の決闘(1957)』『荒野の決闘(1946)』などで有名で、一時期ダッジシティの保安官をやってたのは、西部劇ファンの常識。

コンクールの参加者は保安官事務所に銃を預けるように要求される。
反発するガンマンもいるが、皆アープの名前を聞くとおとなしく銃を預ける。
『リオ・ブラボー(1959)』で、保安官のジョン・ウェインが町の入り口で銃を取り上げていたっけ。

主人公のリン(ジェームス・スチュワート)が酒場に入るとダッチ(スティーブン・マクナリー)という男が驚いて立ち上がる。(これも西部劇で数限りなく見たシーン)
二人はガンベルトに手をかけるが銃はない。
会話せずとも二人が敵同士だということが分かる。
『シェーン(1953)』で酒場に入ってきた男がシェーン(アラン・ラッド)を見たとたんに、死神にでも会ったかのように逃げ出すシーンがあった。
リンもコンクールに出場することを知ったダッチが「ウサギを撃つにはもったいない銃だぜ」と挑発、リンは「背中を撃つのもな」と応じる。
ダッチがリンの父親を背中から撃ち殺したことが分かる。
西部劇で背中から撃つのは卑怯者の証拠。
そして二人の因縁から、西部劇定番の復讐譚であることが分かる。

コンクールはリンとダッチの一騎打ちとなり、リンが優勝しウィンチェスター73を手に入れる。
しかし宿屋でダッチの待ち伏せにあい銃は盗まれる。
ここから荒野を舞台に追跡劇となる。
これも西部劇お馴染み。

途中でインディアンののろしを目にする。
立ち寄った荒野の一軒家の店で、リトルビッグホーンでカスター将軍が負けた噂を聞く。
中学の頃「壮烈!第七騎兵隊」というテレビドラマを観てた。
カスター将軍率いる第七騎兵隊がリトルビッグホーンで、スー族により全滅する話だった。
この店でダッチは武器の行商人にポーカーで負け、ウィンチェスター73を取られてしまう。(どうもイカサマっぽい)
ポーカーも西部劇に欠かせないアイテムだ。

武器商人はインディアンとの取引に出向き殺され、銃を奪われる。
インディアンと取引する武器商人もよく見る。
リンと相棒のハイスペードはインディアンの襲撃を受け、同じくインディアンに包囲されている騎兵隊に合流する。
馬車で円陣を組み、インディアンを迎え撃つ。
その中には開拓者の若夫婦もいる。
多勢に無勢でまさに死地。
インディアンの襲撃の合間にリンは騎兵隊員とポツリポツリと話をする。
南北戦争の話が出て、騎兵隊は北軍、リンと相棒は南軍でゲテスバーグの戦いに参戦していたことが分かる。

静寂の後、インディアンの一斉突撃。
これも定石。
運よくインディアンの族長を仕留め、インディアン達は引き上げる。
リンとハイスペードがダッチを追って出発した後、族長が持っていたウィンチェスター73が見つかる。
騎兵隊員は若夫婦に銃を渡す。

若夫婦はダッチに合流。
夫とダッチは悪党仲間だったのだ。
一味はタスコサで銀行を襲う。
銀行強盗も西部劇の定番だ。

そこに居合わせたリンは、ウィチェスター73を奪って逃げたダッチを追う。
最後は岩山での決闘。
岩の影に隠れながら、互いに相手を追い詰める二人。
当然リンが勝って、ダッチは岩から落ちていく。

半世紀ぶりの再見だが、西部劇の楽しさを堪能した。
関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

火の鳥事件

AvatarA「火の鳥」は手塚治虫の代表作でライフワークとして色々な雑誌を渡り歩きながら、ついに未完に終わった連作だ。
1950年代から描き始め、1960年代後半には、中断していた。
その頃、ガロというマイナー雑誌があり、商業誌では掲載されないような問題作を数多く生み出していた。
水木しげるの風刺短編、つげ義春の文学の香りがする作品、実験的な作品(泉谷しげるの作品なんかもあった)などが評判だった。
そのガロの中心は白土三平の「カムイ伝」で、これを掲載するのがガロが創刊された目的の大きなウェイトを占めていた。
つまり商売度外視して、漫画の表現をつきつめることを目的とした雑誌だった。

負けず嫌いの手塚治虫は、対抗してCOMという雑誌を創刊する。
主目的は「火の鳥」の発表の場であり、手塚自身が漫画の実験に挑戦する場でもあった。
手塚は「火の鳥」で実験的手法を導入し「火の鳥・鳳凰編」という傑作を生んだ。
連載1本では雑誌にならないので、手塚は後輩漫画家に声をかけ先鋭的な漫画作品を提供してもらった。
その中の一人が「サイボーグ009」等で人気の石森章太郎だった。
手塚を尊敬する石森は忙しい中で時間を割き、「ジュン」という実験的作品を提供し、これが大評判となった、手塚をしのぐ程に。
「ジュン」はセリフなしのイメージを強く訴えるファンタジーで若い読者に受けた。

手塚は常に第一線で戦いたい作家で、これに嫉妬した。
「ジュン」の良さを認めながら、「あんなものは漫画じゃない」などと発言した。
尊敬する手塚の期待に応えようとしただけの石森は傷ついた。
手塚もすぐに自分の理不尽な発言を反省し、石森にわびた。
負けず嫌いの手塚を表すエピソードだ。

手塚自身は日本の漫画表現の進歩のために私財を投げうってCOMを作った。
その先頭を走るのは自分だという自負があったんだろう。
良かれと思ってやったことに自分が苦しむパターン。
こういうことってあるよね。

私は後日「火の鳥・鳳凰編」と「ジュン」を読んだけど、作品の質としては「火の鳥・鳳凰編」の方に軍配を上げる。
それは手塚も分かっていただろうが、読者の人気が圧倒的に「ジュン」だったので嫉妬したんだろう。
そんな手塚だったから、古い作品も再読に耐え、今でも研究の対象になる作品群を残せたんだろう。
関連記事

テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

AI 美空ひばり

AvatarAテレビでAI美空ひばりを観た。

秋元康の新曲を美空ひばりが歌ったらどうなるか?

このテーマに対して、バーチャル映像(ホログラム)+ボーカロイド(美空ひばりの声をサンプリング)で答えを出したものだ。
忖度したのか、観客はみな絶賛していたが、私はどうもいただけなかった。

口の動きと声がちゃんとシンクロしていない感じだった。
美空ひばりを覚えているせいかもしれない。
少なくとも『マイ・フェア・レディ』でヘップバーンを吹き替えたマーニ・ニクソンの名人芸には遠く及ばない。

まだまだ改善の余地ありだと思う。

それに映像で再現したのが晩年の姿だったのが残念だ。
晩年彼女が病気で苦しんでいたことは周知の事実で、あの状態を再現されるのは美空ひばり本人にとって本意ではないと思ってしまう。
どうせやるなら、20代の天才美空ひばりが、買い物ブギ(笠木シヅ子)や好きになった人(都はるみ)をハツラツと歌うのを見てみたい。



【A】忖度したのか、観客はみな絶賛していたが、私はどうもいただけなかった。

残念ながら私は見てないので、想像した上での質問になってしまう。

まず、あくまで声のサンプリングで新曲をやるということだから、実際の音程やタイミングはキーボード入力だよね。

手弾きにしろ1拍を何百分の1にまで細分化したデータ入力にしろ、その出来栄えはどんなもんだったんだろう?節回しは再現されてたんだろうか?

【A】それに映像で再現したのが晩年の姿だったのが残念だ。
晩年彼女が病気で苦しんでいたことは周知の事実で、あの状態を再現されるのは美空ひばり本人にとって本意ではないと思ってしまう。

何でそういう選択になるんだろう?
秋元→「川の流れのように」という思い込みだろうか?
AvatarA

【H】手弾きにしろ1拍を何百分の1にまで細分化したデータ入力にしろ、その出来栄えはどんなもんだったんだろう?節回しは再現されてたんだろうか?

美空ひばり独特の抑揚が感じられたか?というと、余り感じられなかった。

【H】何でそういう選択になるんだろう?
秋元→「川の流れのように」という思い込みだろうか?

かもしれない。
だとしたら、美空ひばりへのリスペクトが無さすぎる。
関連記事

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

日本人の衰え

AvatarA最近日本(人)の衰えを示す話をよく聞く。

例えば
・先進国の中で年収が下がっているのは日本だけ。
・海外からの観光客が増えたのは日本の物価が安いから。
・日本人留学生の減少。
・女性の地位ランキングの降下。
・理系の論文数の減少。
などなど

私も感じていることがある。
それはアメリカ映画のクレジットに登場する日本人の減少だ。
私はアメリカ映画の長いクレジットタイトルを見る時、ひまつぶしに日本人(らしい)名前をよく探す。

1980年代から90年代にかけて、日本人の名前を見かける率が増えていった。
日本人の若者がハリウッドに潜り込もうと頑張っているんだなと感じていた。
それがここ20年ほどの間に日本名は少なくなり、最近では日本名を見かけることが少なくなった。
映画の世界での日本人チャレンジャーが減って来ているのだろう。

これも日本人の衰えのひとつではないだろうか?
関連記事

テーマ : 思うこと感じること
ジャンル : ライフ

原発の監督官庁

小泉進次郎環境大臣の前任者の原発事故処理に関する発言が問題になったり、就任当初小泉大臣自身の発言も注目されたが、結局監督官庁でもないしって話になる。

しかし、通常稼働時ならいざ知らず、この期に及んでなんで今だに経済産業省の管轄なんかいな?




AvatarA

総括原価方式の高い電気料金を大企業に承服させる為?







環境省じゃ睨みが効かないってこと?

ただ念のために言っておくけど、私が移管すればいいんじゃないかと言ってるのは、原発全部じゃなくて事故後の福島第一のことだよ。
少なくとも環境省に口は出させるべきだろう。

いや、口出すってことならやっぱり全原発に対して必要だな。
関連記事

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 政治・経済

カツベン

AvatarA『カツベン』の周防監督が面白いことを言ってた。
周防監督は小津安次郎が好きなので、弁士なんて不要と思ってたらしい。
小津の無声映画は弁士による解説なんて無くても十分意味が通じるから。
純粋な無声映画とはそういうものだと。

しかし、あるとき気付いた。
日本中の全ての小屋で弁士が解説している。
小津ほどの監督が、その前提を無視して映画を作る筈がない。

確かに一理ある。
私も弁士付の無声映画を一段低く見ていたので、これは目から鱗だった。

周防監督も同じく虚をつかれ、興味を持ち今回の映画につながったらしい。

関連記事

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ゴーン逃げる

ゴーンが国外に逃げてしまった。
どこかの政府機関の関与が疑われたり、好意的な海外メディアの扱いが報道されたりで、一部に日本の司法制度の問題がより批判にさらされるように伝えられている。

しかし、むしろ逃げる奴が出てしまうと、やはり拘束しとかないといかんという方に向かう恐れもあり、要らんことしてくれたなと思う。
関連記事

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

昨年終盤体調を崩しておりましたSpacecowboyAも、お陰様で戻ってまいりました。

また、いつもの感じでやって行くつもりですので、気が向かれましたらお付き合いいただければ幸いです。
関連記事

テーマ : 年末年始のご挨拶
ジャンル : ブログ

日本製品不買運動

ホワイト国は今ではグループAと言うらしい。で韓国は今何かと言えばグループBで、中国や台湾のグループCより上というのに、あの騒ぎっ振りは何なんかいな?
今だに馬鹿げた不買運動をやってるようで専門サイトまであるらしい。

但し内視鏡やら果てはジッパーまで代替不能で苦慮してるようだ。
さらに紙幣の偽造防止用のホログラムまで日本製なんて話もある。

なのに、強硬派は「0.01%の日本産原料まで”追い込む」と意気込んで、買い物途中にも日本製品かどうかを確認できるスマホアプリまで開発されたらしい。

スマホカメラで商品についているバーコードを読み取れば、原産国が日本なのが分かるというアプリらしいが、バーコードには企業の本籍が表示されているだけという無意味なものだそうな。

一方、文在寅を支持しているのは、親北反米の左派勢力で、彼らの声が大きいために、普通の韓国人も賛同するフリをしているという見方もあり、文在寅大統領を支持するか、支持しないか、街頭でアンケートをした様子を撮った動画がYouTubeで公開されていて、支持28%、不支持72%というというものもあるという。

また、韓国の京畿道庁が半導体装備の国産化のため「国民のアイデア募集」と発表したところ、「そんな専門性の高いことを一般人に求めてどうする」「まだ何も決まっていないのか」と失笑されているという。

不買運動がいつまで続くかに関して、「長続きはしませんよ。政府は来年4月の総選挙まで、日本への態度を変えないつもりでしょうが、国民はいずれ疲れてくるでしょう。そもそも経済が持つかどうか。かえって逆効果になる可能性もありますね」という声もある。

そうなったら首謀者達は自業自得だが、それに与していない韓国人には気の毒な話だし、同調圧力に屈してる人達にも何やってるんかいなという思いはあっても別に恨みまではないので、早く止めればいいのになと思うだけだ。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク