fc2ブログ

エンゼルスの乱闘事件

AvatarA6/27のエンゼルスの試合を観てたら、乱闘が始まった。
6/26の試合で、マリナーズの投手がマイク・トラウトの頭付近に投げて少し険悪な雰囲気になったのが伏線だった。
報復のためエンゼルスの投手が、マリナーズの4番ウインカーのお尻にぶつけた。
コントロールミスではなく、明らかに狙ってぶつけたものだった。
とたんに両軍いり乱れての大乱闘。
しかし良く見ると、本気で殴る蹴るなどの行為をしているものはいない。
川崎宗徳によると、自軍のスーパースターであるマイク・トラウトを守る為に警告として投手にぶつけさせているとのこと。
乱闘の中心はマリナーズのウインカーで、それもわめいているだけ。
マリナーズの主力打者だから、報復対象に選ばれ、納得できなかったのかな。
大谷も隅っこの方で参加、相手選手を抑えていた。

久しぶりに乱闘を見たが、昔はもっと本気で暴力に及んでいた、と思う。
星野仙一は乱闘になったら本気で蹴っていたし、近鉄のデービスが東尾にぶつけられた時も本当に殴っていた。
MLBでもヤンキース対レッドソックス戦(2003年のプレイオフ)での乱闘で、ペドロ・マルティネスがヤンキースのコーチのドン・ジマー(結構な老人)を合掌ひねりで倒したシーンは強烈だった。

「最近乱闘少ないなー」と思っていたので、ドキドキして見たが暴力はなかった。
久々に見た乱闘は記憶に残る昔のそれとは様相が違っていて、口喧嘩ばっかりだった。
高給取りが多い大リーガー、金持ち喧嘩せずということだろうか。
審判も分かっているふうで、止めに入らないしね。

報復四球も乱闘の開始も明らかに監督の指示だった。
大谷も「ぶつけろ」と命じられたりするんだろうか?
逆に大谷が危険球を投げた場合、主力打者として報復対象になるんだろうか?



金持ち喧嘩せず(2015.12.24)
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-2599.html
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク