FC2ブログ

続々 吉本と芸人

重複する部分も多いが、もう少しこの話題について話してみたい。

芸人の中にも「この世界は売上1万円の者が月給20万もらえる世界じゃない」と、結果的に会社側にとって都合のいいことを言っている者がいる。

数字は極端ではあるが、リスクと夢が背中合わせで、だからこそ頑張れるし、人を喜ばせることができるものが生まれるのはその通りではあると思う。

だが、一方でそのリスクは芸人側だけが負うべきものなのだろうかという気もする。
売れるかどうか分からない者に会社が先行投資するのは当たり前の話だと。

かっては会社そのものが金を出してるわけではなく数も少ないものの、寝食は保証される内弟子がいた。
その後NSCができて、師匠のいない芸人が登場した。若者の気質にマッチし、初期からダウンタウンを生んでこの方式は大成功したが、それはなにより会社に学費を取った上で大量の芸人予備軍を持つというメリットをもたらした。

冒頭にも書いた通り、確かに芸の世界はサラリーマンの世界とは違うので、必ずしも保証を与える必要はないだろう。

だから、今までの他職種でのアルバイトや直営業容認の形ならそこまでは辻褄は合っている。
しかし保証しないなら、巷間言われる取り分の多さは会社にとって話が旨すぎるだろう。

よく話題になる自社の劇場のギャラの安さについて は、設備や運営に経費もかかっているだろうし、本来まだ出演する力のない者に取ってはこの上ない修行の場を提供することにもなるので問題ないと思う。

しかし、どうも他のケースにまでそれを持ち込んでるんじゃないかと思う。

そしてもう一つ忘れてはならないのは、芸能界全体にも共通する閉塞した世界故の移籍の難しさがあることだ。
お笑いの世界、中でも関西ではそれが一際大きいので、本来マネジメント契約に過ぎないものが実質的に雇用契約に等しい拘束力を持ってしまっている。

ここに会社側がいいとこ取りできる背景が出来上がってしまっていると思う。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 吉本興業
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク