忘れ得ぬ店たち(3)杏花村

AvatarA
昨日(4/2)から急に天津飯が食べたくなった。
夕方ちょっと抜けて食べに行こうと思ったら急な会議でダメ。
こうなるとますます食べたくなるのが人情で、うずうずしているうちに口が味を思い出した。
おととしの10月にトアロードを歩いた時に見つけた杏花村の天津飯の味を。

トアロードを歩いてみた PART1 (2013/10/13)
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-1751.html


今日終業のチャイムが鳴るとすぐ会社を飛び出して、トアロードを登った。
雨の降る中、帰宅する勤め人の人ごみをかきわけて、杏花村にたどり着く。
なんと閉まっていた。
ふと窓を見ると、あの独特の文字でこう書いてあった。

「都合により休業させていただいております。お詫び申し上げます。」

こういう古い店が休業するとかなりの確率で閉店する。

あの昭和30年代を思わせる店の雰囲気をもっと味わいたかった。
天津飯もね。

店って通っている時は、なぜか永久にそこにあるような気がしている。
でも、店にも人間と同じく寿命がある。
東亜食堂もゴムクラブも札幌亭もその寿命を終えた。

杏花村はなんとか続いて欲しいな。

さて、ちょっとショックだったけど、帰り道にセンター街(の1本南の通り)の丸萬で天津飯を食した。
こっちも杏花村と同じく天津飯のうまい老舗だ。
この店の天津飯がおいしいという情報は長年この辺で会社員生活を送った父に聞いた。

天津飯に満足したけれど、私が店に入った時は客ゼロ、私が店を出るまで誰も入ってこなかった。
時刻は18時の夕飯時。
この店大丈夫か?


AvatarH2

【A】店って通っている時は、なぜか永久にそこにあるような気がしている。
でも、店にも人間と同じく寿命がある。
東亜食堂もゴムクラブも札幌亭もその寿命を終えた。
杏花村はなんとか続いて欲しいな。

このままだと私は行かずじまいになるな。

ところで、もう大阪に来て随分経つんだけど、神戸時代の様な馴染みの店はできない。

あの神戸の街の手の内に入る感じと違い、大きな大阪の街に対しては初めからあきらめてしまって、チェーン店で済ましてしまうところがある。

AvatarA
それはもったいない。

せっかく安くて旨い大阪にいるんだから、なにかに絞って食べてみたら、きっと見つかるはず。

うどん、水炊き、カレー、トンカツなど、良い店がありそうな気がする。


Hは町歩きの趣味はないのかな?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの五十男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク