FC2ブログ

日本版 冒険者たち

AvatarA
勝新太郎、高倉健、梶芽衣子共演の『宿無』(1974)という映画があるらしい。

なんと『冒険者たち』を下敷きにしているという。

全く知らなかった。

全く評判を聞いたことがないということは、その出来はおしてしるべし。
本家に漂う青春の匂いがゼロの3人だし、恐ろしいシロモノになっているのかも。

観たいような観たくないような。


ところで、勝新太郎の影武者降板劇は有名だけど、高倉健も『乱』で黒澤のオファーを断っている。

『居酒屋兆治』とバッティングするので、降旗監督に義理立てしたらしい。

役は井川比佐志が演じた鉄修理だ。
井川比佐志でもカッコ良かったが、高倉健版も観てみたかったな。



AvatarH2
ウーン。凄いキャスティングやなあ。
まあ、考えてみればリノ・バンチュラも爽やかってわけじゃないけど、この日本版ほどじゃ。

梶芽衣子ねえ、美人だけどあのシムカスの透明感や儚さとは縁遠いよな。
ギャングなど返り討ちにしそう。

ところで、柴崎コウって梶芽衣子に似てるよね。

AvatarA

【H】リノ・バンチュラも爽やかってわけじゃないけど、この日本版ほどじゃ。

リノ・バンチュラのことはほんの2-3本の映画でしか知らない。
その中での彼は感情を抑制しているが、強い意志が感じられるハードボイルドタッチの演技を見せていた。
『冒険者たち』では一転して、内面丸見えの可愛いげのある中年を演じた。
これまで隠してきた善良なる一面を見せてくれたような、当時の観客には一種のギャップ萌えもあったのではないかと思う。

だけど、勝新太郎の生臭さは日本人なら、嫌でも目にし耳にして来ている。
彼に青春時代があったなんて想像すら出来ないほど強烈に。
勝新に青春の微妙な心の不安など演じられたら、見ているこっちが逃げ出したくなりそうだ。


【H】梶芽衣子ねえ、美人だけどあのシムカスの透明感や儚さとは縁遠いよな。

私は結構好きです。
中学か高校の頃、彼女が主演のアクションの連ドラがあって、観てたなあ。
確か主題歌も歌っていて、「怨み節」だったと思うけど、しびれてた。

その流れで藤純子も結構好きだ。


【H】ところで、柴崎コウって梶芽衣子に似てるよね。

梶芽衣子ファンとしては、承服しかねるけど、目のつり上がり具合などが似てるかな?



AvatarH2

【A】私は結構好きです。

私も好きだよ。
ただ、レティシアのキャラとは違うってだけ。

ところで、勝新と健さんはどっちがリノ・バンチュラで、どっちがアラン・ドロンなんだろ。

やっぱりちょっと見てみたいね。

【A】梶芽衣子ファンとしては、承服しかねるけど、目のつり上がり具合などが似てるかな?

実は私もつい最近まで気づかなかった。
ある人が書いたのを読んで、そう言われればと思った。
世代が違い過ぎるからか、あんまり話題にならないけど、今回ちょっと覗いてみると、ネットじゃそれなりに評判だ。

ちなみに私は柴崎コウの顔も好きだ。
若すぎて思い入れは全然ないけど。
AvatarA

【H】どっちがアラン・ドロンなんだろ

そりゃ健さんだろう。


代表作のひとつ『日本侠客伝』シリーズでの高倉健は東映版若大将という感じのキャラだった。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 俳優・女優
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク