FC2ブログ

萩原健一

CSで昨年から何度か「ショーケンForever」という企画が放送されている。

但し、CSと言ってもTBS系なので、そこで取り上げられたのは「前略おふくろ様」でも「傷だらけの天使」でも「太陽にほえろ」でもなく、「課長さんの厄年」と「冠婚葬祭部長」という「東芝日曜劇場」で流されたものだ。

両作品とも萩原健一の基本的なイメージとはかけ離れたサラリーマンものなんだけどなかなか面白く、「冠婚葬祭部長」は初回放映時も毎週楽しみに見ていて、テーマソングの「泣けるわけないだろう」は私のカラオケでのおはこの一つになっているぐらいだ。

「課長さんの厄年」も不純な動機の対象の山口いづみも出ていたし、上司役の長塚京三も好きな役者だ。

そして両作品とも今見返してもやはりよく出来ていた。

新たに収録された「課長さんの厄年」の共演者による萩原健一の想い出話も興味深かった。

テンションが高く、共演者としばしば軋轢を起こすことは何となく承知していたが、その内容が精緻過ぎる役作りを自分だけでなく、周りにも強要するからというのはいささか意外だった。

彼の演技はひたすら感性によるものだと思っていたから。

石倉三郎の言葉を借りればある種独りよがりの芝居(但し彼の話の基調は賛辞である)だが、それを作り上げる情熱は凄まじく、どうやら監督のようなことをやっていたようだ。

私が見てもここでこの芝居って普通はないやろと思うシーンもあったが、それは彼独特の瞬発的なもので、考え抜かれた結果とは思ってなかった。

とは言え、全体としては普段とは違うサラリーマンらしく見えるもので、言われてみれば勘だけでないのはわかる。

また、「課長さんの厄年」での奥さん役は石田えりで「冠婚葬祭部長」は浅田美代子なんだが、決して同タイプの女優さんとは思えないのに、萩原健一とのやり取りを見ていると似た芝居をしていて、これもおそらく彼のコントロールによるもんなんだろうなと思った。

奇しくも二人は「釣りバカ日誌」でも西田敏行の妻役を分け合っている。

さて、萩原健一のドラマと言えば、やっぱりなんと言っても「前略おふくろ様」が見たいなあ。

AvatarA

思い出すのは、恐怖のうみちゃん!
学校帰りに三宮で途中下車して、星電社のテレビ売り場で「前略おふくろ様」の再放送を良く観たなあ。




うみちゃんは強烈だったなあ。設定、台詞に桃井かおりの個性が恐ろしい化学反応を起こしていた。
そして萩原健一と激しくスパークしてた。

先のメールで書き落としたことがある。
「課長さんの厄年」の想い出話で竹内力の話が興味深かった。

後の強面キャラではなく、ボンボン役で出ていたのだが、萩原健一に相当厳しく指導されたようだ。
元々憧れていたのが、あまりやられるものだから「コンチクショウ」という存在になったという。

それでも、言ってることが正しいのは当時からわかっていたと、感謝の念を述べるだけでなく、今でも車でCDを聞いていると話し、萩原健一の熱量に敬服している様子はリスペクトに満ちたものだった。

「ミナミの鬼」は見かけによらずいい奴みたいだ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 俳優
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク