FC2ブログ

火の鳥事件

AvatarA「火の鳥」は手塚治虫の代表作でライフワークとして色々な雑誌を渡り歩きながら、ついに未完に終わった連作だ。
1950年代から描き始め、1960年代後半には、中断していた。
その頃、ガロというマイナー雑誌があり、商業誌では掲載されないような問題作を数多く生み出していた。
水木しげるの風刺短編、つげ義春の文学の香りがする作品、実験的な作品(泉谷しげるの作品なんかもあった)などが評判だった。
そのガロの中心は白土三平の「カムイ伝」で、これを掲載するのがガロが創刊された目的の大きなウェイトを占めていた。
つまり商売度外視して、漫画の表現をつきつめることを目的とした雑誌だった。

負けず嫌いの手塚治虫は、対抗してCOMという雑誌を創刊する。
主目的は「火の鳥」の発表の場であり、手塚自身が漫画の実験に挑戦する場でもあった。
手塚は「火の鳥」で実験的手法を導入し「火の鳥・鳳凰編」という傑作を生んだ。
連載1本では雑誌にならないので、手塚は後輩漫画家に声をかけ先鋭的な漫画作品を提供してもらった。
その中の一人が「サイボーグ009」等で人気の石森章太郎だった。
手塚を尊敬する石森は忙しい中で時間を割き、「ジュン」という実験的作品を提供し、これが大評判となった、手塚をしのぐ程に。
「ジュン」はセリフなしのイメージを強く訴えるファンタジーで若い読者に受けた。

手塚は常に第一線で戦いたい作家で、これに嫉妬した。
「ジュン」の良さを認めながら、「あんなものは漫画じゃない」などと発言した。
尊敬する手塚の期待に応えようとしただけの石森は傷ついた。
手塚もすぐに自分の理不尽な発言を反省し、石森にわびた。
負けず嫌いの手塚を表すエピソードだ。

手塚自身は日本の漫画表現の進歩のために私財を投げうってCOMを作った。
その先頭を走るのは自分だという自負があったんだろう。
良かれと思ってやったことに自分が苦しむパターン。
こういうことってあるよね。

私は後日「火の鳥・鳳凰編」と「ジュン」を読んだけど、作品の質としては「火の鳥・鳳凰編」の方に軍配を上げる。
それは手塚も分かっていただろうが、読者の人気が圧倒的に「ジュン」だったので嫉妬したんだろう。
そんな手塚だったから、古い作品も再読に耐え、今でも研究の対象になる作品群を残せたんだろう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク