FC2ブログ

火の鳥事件

AvatarA「火の鳥」は手塚治虫の代表作でライフワークとして色々な雑誌を渡り歩きながら、ついに未完に終わった連作だ。
1950年代から描き始め、1960年代後半には、中断していた。
その頃、ガロというマイナー雑誌があり、商業誌では掲載されないような問題作を数多く生み出していた。
水木しげるの風刺短編、つげ義春の文学の香りがする作品、実験的な作品(泉谷しげるの作品なんかもあった)などが評判だった。
そのガロの中心は白土三平の「カムイ伝」で、これを掲載するのがガロが創刊された目的の大きなウェイトを占めていた。
つまり商売度外視して、漫画の表現をつきつめることを目的とした雑誌だった。

負けず嫌いの手塚治虫は、対抗してCOMという雑誌を創刊する。
主目的は「火の鳥」の発表の場であり、手塚自身が漫画の実験に挑戦する場でもあった。
手塚は「火の鳥」で実験的手法を導入し「火の鳥・鳳凰編」という傑作を生んだ。
連載1本では雑誌にならないので、手塚は後輩漫画家に声をかけ先鋭的な漫画作品を提供してもらった。
その中の一人が「サイボーグ009」等で人気の石森章太郎だった。
手塚を尊敬する石森は忙しい中で時間を割き、「ジュン」という実験的作品を提供し、これが大評判となった、手塚をしのぐ程に。
「ジュン」はセリフなしのイメージを強く訴えるファンタジーで若い読者に受けた。

手塚は常に第一線で戦いたい作家で、これに嫉妬した。
「ジュン」の良さを認めながら、「あんなものは漫画じゃない」などと発言した。
尊敬する手塚の期待に応えようとしただけの石森は傷ついた。
手塚もすぐに自分の理不尽な発言を反省し、石森にわびた。
負けず嫌いの手塚を表すエピソードだ。

手塚自身は日本の漫画表現の進歩のために私財を投げうってCOMを作った。
その先頭を走るのは自分だという自負があったんだろう。
良かれと思ってやったことに自分が苦しむパターン。
こういうことってあるよね。

私は後日「火の鳥・鳳凰編」と「ジュン」を読んだけど、作品の質としては「火の鳥・鳳凰編」の方に軍配を上げる。
それは手塚も分かっていただろうが、読者の人気が圧倒的に「ジュン」だったので嫉妬したんだろう。
そんな手塚だったから、古い作品も再読に耐え、今でも研究の対象になる作品群を残せたんだろう。
スポンサーサイト



テーマ : マンガ・ゲームの話
ジャンル : サブカル

さいとうたかを

AvatarANHK教育の「SWITCH」で東大の山中俊治教授がさいとうたかをにインタビューしていた。
面白い話があったので、備忘録として書き残しておこう。

コルゴ13の当初設定では84歳。
どうも年を取らないことにしたみたいだ。

ゴルゴの別名デューク東郷の東郷は、中学二年の時の恩師の名前からとった。
東郷先生は、暗記中心の教育に反発したさいとうが、白紙の答案を提出した時こう諭した。
「白紙答案を出すのはお前の意志だから、反対は出来ない。しかし白紙答案の責任は取らなくちゃならんから名前は書け」
さいとうたかをはこの先生から責任ということを学んだという。
我々しらけ世代からすると、戦後民主主義教育の洗礼を受けた生徒と先生のやりとりが、ほほえましくもあり、うらやましくもある。

さいとうたかをは自分を職人だと位置づけている。
根拠は計算ずくの上で作品を作っているから。
「感性のままに描いた作品が読者に受けるのが天才」だと言っている。
日本で初めて分業制を行った彼らしい。

50年前に漫画本はいずれ滅びると思った。
「狭い日本家屋に置くには大きすぎるし重すぎるから」
今、漫画はデジタル化し、タブレットで読む人が増えている。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

元気をもらった

AvatarA京都アニメーションの悲惨な事件から1か月余り。
事件現場を訪れ手を合わせる人が今も絶えないという。
ニュース番組とかで訪問者にインタビューをしているのを見ると「落ち込んでいるときに京アニ作品に勇気をもらった」と言う人が多い。

アニメーションには「日常風景の中の美を取り出して視聴者に提示する」という機能がある。
アニメ作家が現実の風景を取材し、その場所(学校だったり、街並みだったり、公園だったりする)の中にある美を取り出して強調し、映像化する。

観るものは、なにげないよくある風景を美しいと感じる。
それが作品のストーリーやテーマとマッチした時、観るものの感情を揺さぶることがある。
現場を訪れるのはそうした感動を貰った人だろう。
京アニの作品はそんなには観ていないが、「楽天的」「前を向くことの正しさ」などが感じられ、それが情景の美と溶け合って視聴者の心に沁みているんだろう。

京アニに代表されるこの「日常の中の美の提示」から、当初制作者たちが予期しなかった「聖地巡礼」という、モデルになった場所を訪れる行為が生まれた。
町おこしに利用しているところもあるようだ。
テレビはこれを珍奇なエピソードとして取り上げるが、小説の舞台を訪れる観光客は昔からいた。
それがアニメになっただけのことだ。



そりゃそうだね。
映画でも普通のことだ。
「ローマの休日」など最たるもの。
そういう私も、ずっと「冒険者たち」の「ボイヤール要塞」に行きたいと思っている。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

あの頃の未来

AvatarA昔、近未来を舞台にしたアニメや漫画をよく見た。

『鉄腕アトム(1952~67)』では、アトム誕生は2003年で51年後の未来だ。
『未来少年コナン(1978)』では、2008年の世界大戦で荒廃した2028年という時代設定で、50年後の未来だ。

手塚治虫・宮崎駿という二人の天才が近未来を約50年後としたのは面白い一致だ。
そのあたりが、人間がリアリティをもって想像できる未来の限界なのかもしれない。

大友克洋の代表作『AKIRA(1982~90)』は、1982年に超能力者AKIRAによる東京の大破壊があり、37年後の2019年(今年!)の復興を目指すネオ東京が舞台だ。
なぜ37年後かというと、連載が始まった1982年が1945年の焼け野原から37年目だからそう設定したそうだ。

スガシガオの歌詞のように「あの頃の未来に僕らは生きている・・」わけだが、『夜空ノムコウ』が発表されたのが、1998年だから21年も経っている。
あれから見ても、もう充分未来だね。

6年前に、『マイアミ2017』でビリー・ジョエルが1976年に未来として設定した2017年がもうすぐ来るって話をしたが、それも過ぎてしまった。

良きにつけ悪しきにつけ、世界は、通信関係を除いてはかって描かれたほどには変わっていない。

それより何より変わらないのはそれを読んだり聞いていたりした自分自身だ。
容貌は別としてね。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

モンキーパンチ

AvatarA
モンキーパンチが亡くなった。
あのルパン3世の作者だ。

小学校の頃、床屋でルパン3世に遭遇し、その誰にも似ていない画風に魅せられた。
高校生の頃、単行本で読み、日本には珍しいピカレスクロマン(悪漢小説)に強く惹かれた。
大学生の頃、宮崎駿が子供にも分かるよう善人化したルパンの活躍に映画館で熱狂した。
宮崎ルパンも面白いけれど、モンキーパンチのルパンの魅力は大人にならないと分からないものだった。
その頃「実写化するなら、峰不二子は藤原紀香だな」などと夢想したりした。

ルパンの新作がもう読めないと思うとさびしい限りです。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

こども界の向田邦子

AvatarA1990年夏の夕方、私と嫁さんは人気のない網走駅前の喫茶店で夜行列車を待っていた。
そこそこ時間があったので、喫茶店に置いてあった漫画を読んで時間をつぶした。
その時「これ面白いな」と思ったのが『ちびまる子ちゃん』の単行本だ。
巷では『踊るポンポコリン』がはやり始めた頃だった。

今年の夏、作者のさくらももこが亡くなった。
数々の追悼記事の中で、目を引いたのが、高校時代に小論文の通信教育で「現代の清少納言のようだ」と褒められたというエピソードだ。
通信教育の採点なんて数が膨大だから、採点者は斜め読みするだろう。
そんな中でのこの賛辞は、よほど突出した才能のきらめきだったと思わせる。

『踊るポンポコリン』などの作詞も手掛け、プロの作詞家をうならせる。
エッセイを書けば、「こども界の向田邦子」と絶賛される。

追悼記事の中にこんな一節があった。

「子供の時の喜怒哀楽の記憶を持ち続けた人」

そういえば、向田邦子のエッセイの多くは、子供の頃の家族の話が多い。
また名作『あうん』は、昭和十年代の家族の物語を娘の視線で描いている。
そこには頭が良くて感受性が強い少女の感情が詰まっていて、読む者に愛おしさを感じさせる。

さくらももこは昭和四十年代後半の少女とその家族の話を描き続けた。
その感性は「こども界の向田邦子」呼ばれるに値するものだった。

そして残念なことに向田邦子と同じく五十代前半で夭折した。
2人とも生きていれば、まだまだ子供時代の感情の記憶に基づく作品を発表してくれたはずだ。
それが残念だ。

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

アトムをめぐる二人の博士

AvatarA言わずと知れた天馬博士とお茶の水博士だ。

天馬博士はアトムの生みの親であり、フランケンシュタイン博士を思わせるマッドサイエンティストだ。
オッペンハイマーのように余人のなしえない成果を求める人物だ。
お茶の水博士はアトムの庇護者であり、アトムにやさしさや倫理感を教える。
アインシュタインのように科学は平和に貢献すべきと思っている。

天馬博士は、理想主義者で科学を信じている。
お茶の水博士は、科学より心と思っている。

アトムは、以前にも紹介したように、当時の少年読者の心をつかみ、科学技術が実現する理想的な未来を子供の心に植えつけた。
手塚治虫はその未来像の危険さを感じ、アトムの中に決してバラ色ではない社会を描いた。
公民権運動をなぞらえた、ロボットの権利主張などだ。

そのままではアトムが人間とロボットの板挟みになり、矛盾に押しつぶされてしまうので、お茶の水博士をアトムの相談役として配置したのだろう。
さすがに手塚はよく考えていると思うし、物語に深みを与えている。
天馬博士的な科学万能社会の未来にブレーキをかけたかったんだと思う。

ただ、当時の少年読者の目には、天馬博士の方が魅力的だったなあ。


アトム(2009.2.15)
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-51.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

石ノ森の「そしてだれもいなくなった」

AvatarA
夏になると、TVで戦争(特に原爆)を題材にしたドラマが増えてくる。
この時期に思い出すのは石ノ森章太郎のマンガ『そして…だれもいなくなった』だ。

Amazonの紹介文はこうだ。

ほのぼのでかわいい4コマ漫画『シアワセくん』、世界核戦争への警鐘を鳴らす『指令Z』、巨大な鹿との格闘を描いた『しばり首の木』、学園ドラマ『ゴリラがいく』、東西ベルリンのスパイ物語『脱出』──。
全く違ったジャンルの5つの物語が同じ時間軸で並行する、石ノ森章太郎の実験的漫画作品

テクニシャンらしく5つの物語は、それぞれ全く違うタッチで描かれる。

並行で進行する物語はそれぞれクライマックスをを迎え、その中で『指令Z』において、核ミサイルの発射ボタンが押され、核戦争が勃発する。
並行して描かれていた他の4つの物語のコマが粉々に砕け、最後にタイトルが表示されて終わる。

核戦争は色々な人生を破壊してしまうことを強く訴える構成だ。

一昨年の『この世界の片隅に』も同じだ。

破壊された愛すべき生活を丹念に描くことで、戦争の非人道性を描く趣旨だ。

その影響もあるのか、最近のTV番組は、破壊された市井の人々の生活に焦点を当てるものが多い気がする。

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

下り坂 (3) 気分はもう戦争

AvatarA
大友克洋が矢作俊彦の原作で描いた漫画『気分はもう戦争』。

1980年代、中ソ戦争が勃発。
日本もまきこまれそうになる。

結局中ソは手打ちするが、うまく立ち回れなかった日本は、政治的にも経済的にも沈んでいく。

作中登場人物がこんなことを言う。

「今じゃ日本の国際競争力は昭和30年代並み。でもあの頃は上を向いていたからなあ」

バブル直前の当時、このセリフは私には全く現実味がなかった。

でも、最近このセリフを連想することが多い。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『巨人の星』第一話

AvatarA
ネットにアップされていたアニメ『巨人の星』第一話を見た。
あらゆる第一話の中で視聴者を引き込むことにおいてこれ以上のものはちょっと思いつかない。


1957年黄金ルーキー長嶋の入団パーティの記者会見の席。
「史上最大の一塁手川上、史上最大の二塁手千葉に続いて史上最大の三塁手も巨人から生まれる」
などという声を聴きながら、川上は星一徹のことを回想する。
「史上最大の三塁手か・・・戦争さえなかったら多分それはもう生まれていたかもしれない」


記者が巨人軍旗の前で長嶋と川上は握手をするリクエスト。
歩み寄る長嶋にあらぬ方向から野球のボールが投げつけられた。
ボールはあわや当たりそうなところでカーブし川上がキャッチ。
この時なぜか長嶋はよけない。
「魔送球だ。星一徹がまさかここに・・・」
そこに捕まった犯人=飛雄馬が連れてこられる。
川上は飛雄馬の左手に目を奪われる。
「このボールだこ、まるで二十年も野球をやってきたようだ」
逃げ出す飛雄馬を川上は追いかけながら、星一徹を回想する。


1942年巨人に入団した星一徹はすぐ出征し方を壊した。
1948年復員し壊した肩をカバーするために編み出したのが魔送球だ。
開幕前の紅白戦、当たりそこないの三塁ゴロ、星の肩では間に合わない。
星の送球は一塁に走る打者に当たりそうなところで急カーブして川上のミットに収まる。
走者は驚き足を止めてアウトになる。
魔送球だ。
そのうち走者も慣れて、足を止めなくなると、川上が指摘すると、
「ところがそうはいかない、時々わざとぶつけてやれば」
川上は
「名誉ある伝統を汚すものはいかなる天才といえども巨人軍にとどまれない」
と退団を勧告する。
くってかかる星に川上は言う。
「星くん、戦死した沢村栄治が出征する時、こう言い残して行ったんだよ。『巨人軍のマウンドを守ってきた自分の誇りは今日まで一度もビーンボールを投げなかった事だ』とね。」
ショックを受けた幻の三塁手星一徹は巨人を去る。


飛雄馬が家に帰ると一徹が酒を飲んでテレビをぶっ壊しあばれた末、寝ていた。
長嶋に魔送球が投げつけられたシーンをテレビで見たらしい。
飛雄馬が言う。「とうちゃんが荒れたのは俺がボールを投げつけたからじゃない。
そのボールを、とうちゃんの発明した魔送球を長嶋に見破られたからなんだ。
とうちゃんは、幻の名三塁手は長嶋に負けたんだ」
泣き出す飛雄馬。図星をさされた一徹も涙を流しながらふて寝。


「この家は野球に呪われているんだ。
おかげで俺は赤ん坊の時から、遊びと言えばこれしか許してもらえなかった」
と、飛雄馬はボールを壁の穴に投げつける。
ボールがやっと通る大きさの穴から家の外に出たボ-ルは表の木の幹にぶつかり、まっすぐに穴に戻ってくる。
木の幹は長年ボールがぶつかり平らになっている。
戻ってきたボールをキャッチした飛雄馬はこの一人キャッチボールを繰り返す。


飛雄馬を追ってきた川上は、これにどぎもを抜かれる。
目の前の穴から出て、穴に戻っていくボールを見ながらつぶやく。
「訓練だ。恐ろしいほどの訓練がこの奇跡を作り上げたのだ。
コントロールとスピードにわずかの狂いでもあれば、この球は元の方向には跳ね返らない。
もはやこのままでは引き下がれんぞ」
落ちていた木の棒を拾いあげる。
「バッティングの場合にも僅かでもミートが狂えば、ボールは思った方向へは飛ばない。
星一徹よ。君にこの天才的な素質を持つ子を育て上げる資格があるか、かつての友として、弾丸ライナーの川上がテストしてやる」
川上は棒を構え、穴から出てきたボールを打つ。
ボールは穴に吸い込まれる。
驚いた飛雄馬がよけると、ボールはふて寝してた一徹へ。
瞬間起き上がりボールをキャッチして送球動作に入る一徹。


「飛雄馬しくじったな。
こんな方向にボールが跳ね返ってくるとは」
「ちがうよとうちゃん。誰かが表で打ち返しやがったんだ」
「ふん、馬鹿言え。そんなことが出来る打者がいるとすれば日本中でただ一人、川上哲治ぐらいのもんだ」
ここで一徹と飛雄馬はハッと気づく。
顔を見合わせた二人は表に飛び出す。
何も言わず夜道を立ち去る川上の後ろ姿。


ここでカメラがパンアップして夜空の星を見せる。
あの有名はシーンとなる。


一つの星を指さす一徹。
「見ろ飛雄馬。
あの星座がプロ野球の名門巨人軍だ。
俺もかつてはあの輝かしい星座の一員だった。
しかしもう俺の手は届かない。
飛雄馬、お前はあの星座に駆け上れ。
巨人軍という星座の中でひときわでっかく輝く明星となれ。
飛雄馬よ、栄光の星を目指すのだ」


講談の名調子のような演出のリズムもあり、引き込まれること請け合いだ。


AvatarH2

【A】あらゆる第一話の中で視聴者を引き込むことにおいてこれ以上のものはちょっと思いつかない。

さすがにそれが第1話だったかどうかは定かではなかったが、中身は全部覚えてた。それだけインパクトがあったわけだ。

テーマ : 懐かしいアニメ作品
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク