FC2ブログ

コロナとゴジラ

AvatarA以前に紹介した「ゴジラにパニックは起こさない(2018.1.2)」での黒澤の言葉。
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-3346.html


「ゴジラで民衆が逃げる時、警官が先導してパニックを起こさない。
ゴジラが出たら警官も逃げちゃうから、先導者がいなくてパニックになるよ。
だからあれは嘘なんだ。
でもイノさん(本多猪四郎)の人柄がああいうシーンにさせたんだ。」


しかし現実にはコロナ対応で、最前線の医師や看護師が感染の恐怖を抑え込んで、医療活動に従事されている姿が報じられる。
我々はその職業倫理の高さに敬服するばかりだ。

この数十年で日本が黒澤的社会から本多的社会に進歩したのかな。
日本で感染爆発が起きていないのは、そんなところにも原因があるのかもしれない。
スポンサーサイト



テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

『独裁者』

AvatarA最近NHK-BSでは毎週チャップリンの映画を放映している。
1925年の『黄金狂時代』から始まって『殺人狂時代』『街の灯』『モダンタイムス』ときて今日は『独裁者』だった。
チャップリンの映画はいつも彼の芸の記録箱だが、『独裁者』の芸が一番質が高いんじゃないだろうか。
中でも素晴らしいのは、ユダヤ人の床屋のチャップリンがブラームスのハンガリー舞曲とシンクロしてひげを剃るシーンと、独裁者ヒンクルが地球儀と戯れるシーンだ。
地球儀のシーンは、独裁者の野望を馬鹿にする狙いだが、異様に美しく、それだけに不気味さが増すという名シーンに仕上がっている。
前に見てから20年以上経ってるけど、チャップリンの芸の素晴らしさは色あせてない。
そしてコメディの最後にかの有名な演説がくる。
独裁者の口からヒューマニズムあふれる言葉があふれ出る。
1940年というナチス全盛期によくあそこまでヒットラーをコケにしたものだ。

そういえば、中学の時、英語の授業でこの演説の英文が配られた気がするんだけど、おぼえてない?




学生用の英字新聞のAsahi Weeklyが頭に浮かんだんだけど、授業だったか自分で入手したのか定かでない。

テーマ : 昔の映画
ジャンル : 映画

ラストシーンの擦れ違い

AvatarAAmazonPrimeで「紅の拳銃」を観た。

何回も観た映画だけど、不自然な芝居と気障なセリフのオンパレードだけど、なぜか最後まで目が離せない。
笹森礼子は最近の手術で視力を取り戻した。
密かに恋している赤木圭一郎の声は知っているが顔は分からない。
列車の通路で2人はすれちがう。
赤木は危険な任務に向かうところなので声をかけない。
笹森も「もしかしたらこの人かしら」と思うけど、声をかけない。
ほろ苦い別れだ。
こういうすれ違いは印象に残る。

「時をかける少女」のラストも苦い。
未来人高柳良一は原田知世の記憶を消し未来に戻る。
彼の記憶も規則により消去されるので、
2人が再会しても分からない、と告げる。
高柳が好きになっている原田知世は
「私はきっと分かる」と言いながら気を失う。
数年後2人は再開するが全く気付かない。

「第三の男」のラストは苦いを越えて冷たい。
お人よしのジョセフ・コットンは、親友オーソン・ウェルズの
悪行を知り警察に協力してウェルズを追い詰め、射殺する。
ラストシーンは墓地でのウェルズの埋葬だ。
ウェルズの恋人アリダ・ヴァリが墓地の長い一直線の道路を歩いてくる。
ヴァリに惚れているコットンは、道路の脇で待つ。
落ち葉が舞い落ち、チターの旋律がセンチメンタルに流れる中、
ヴァリはまっすぐ手前に向かって歩いてくる。
そのままコットンに一顧だにせずフレームアウト。
睨んだり罵ったりするよりも救いのないラスト。



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

萩原健一

CSで昨年から何度か「ショーケンForever」という企画が放送されている。

但し、CSと言ってもTBS系なので、そこで取り上げられたのは「前略おふくろ様」でも「傷だらけの天使」でも「太陽にほえろ」でもなく、「課長さんの厄年」と「冠婚葬祭部長」という「東芝日曜劇場」で流されたものだ。

両作品とも萩原健一の基本的なイメージとはかけ離れたサラリーマンものなんだけどなかなか面白く、「冠婚葬祭部長」は初回放映時も毎週楽しみに見ていて、テーマソングの「泣けるわけないだろう」は私のカラオケでのおはこの一つになっているぐらいだ。

「課長さんの厄年」も不純な動機の対象の山口いづみも出ていたし、上司役の長塚京三も好きな役者だ。

そして両作品とも今見返してもやはりよく出来ていた。

新たに収録された「課長さんの厄年」の共演者による萩原健一の想い出話も興味深かった。

テンションが高く、共演者としばしば軋轢を起こすことは何となく承知していたが、その内容が精緻過ぎる役作りを自分だけでなく、周りにも強要するからというのはいささか意外だった。

彼の演技はひたすら感性によるものだと思っていたから。

石倉三郎の言葉を借りればある種独りよがりの芝居(但し彼の話の基調は賛辞である)だが、それを作り上げる情熱は凄まじく、どうやら監督のようなことをやっていたようだ。

私が見てもここでこの芝居って普通はないやろと思うシーンもあったが、それは彼独特の瞬発的なもので、考え抜かれた結果とは思ってなかった。

とは言え、全体としては普段とは違うサラリーマンらしく見えるもので、言われてみれば勘だけでないのはわかる。

また、「課長さんの厄年」での奥さん役は石田えりで「冠婚葬祭部長」は浅田美代子なんだが、決して同タイプの女優さんとは思えないのに、萩原健一とのやり取りを見ていると似た芝居をしていて、これもおそらく彼のコントロールによるもんなんだろうなと思った。

奇しくも二人は「釣りバカ日誌」でも西田敏行の妻役を分け合っている。

さて、萩原健一のドラマと言えば、やっぱりなんと言っても「前略おふくろ様」が見たいなあ。

AvatarA

思い出すのは、恐怖のうみちゃん!
学校帰りに三宮で途中下車して、星電社のテレビ売り場で「前略おふくろ様」の再放送を良く観たなあ。




うみちゃんは強烈だったなあ。設定、台詞に桃井かおりの個性が恐ろしい化学反応を起こしていた。
そして萩原健一と激しくスパークしてた。

先のメールで書き落としたことがある。
「課長さんの厄年」の想い出話で竹内力の話が興味深かった。

後の強面キャラではなく、ボンボン役で出ていたのだが、萩原健一に相当厳しく指導されたようだ。
元々憧れていたのが、あまりやられるものだから「コンチクショウ」という存在になったという。

それでも、言ってることが正しいのは当時からわかっていたと、感謝の念を述べるだけでなく、今でも車でCDを聞いていると話し、萩原健一の熱量に敬服している様子はリスペクトに満ちたものだった。

「ミナミの鬼」は見かけによらずいい奴みたいだ。

テーマ : 俳優
ジャンル : テレビ・ラジオ

滝沢カレンのコント

「滝沢カレン」(2018/3/13)で彼女の不思議な言語センスに触れ、「誰かの手を借りれば短いコントの台本あたり書けるようになりそうだ」と書いたんだけど、先日NHKで本当に彼女にコントの台本を書かせて、クリームシチューの有田他の芸人が演じるというのを見た。

しかも一言一句変えずにという指令が出ていて、ちょっと普通ではない滝沢ワールド全開だったので、誰の手も借りずに書いたようだ。

で、出来栄えはというと精緻なネタ振りと落ちなどとは無縁だけど、出演者も首を傾げながらも一目を置く、一種不条理劇にも通じる不思議な世界で笑いを禁じ得なかった。

但し、彼女の作と知らずに見たときどう思ったかはわからないが。

なお、滝沢カレンについては「滝沢カレン 2」(2019/11/06) 、「だじゃれ」(2019/07/12) でも取り上げている。

AvatarA
それは観てみたいな。

彼女の奇妙な表現は、言い間違いではなく、それでいいと思って発している言葉なのでそういう企画が成り立つのかもしれない。
NHKの国語講座を観ていて思うのは「こいつ直すつもりないな」ということ。
日本語についての誤差の許容範囲が一般人の3倍ぐらいある。
つまりは確信犯ということかな。


テーマ : お笑い/バラエティ 全般
ジャンル : テレビ・ラジオ

コロナウィルスと「今夜、ロマンス劇場で」

5/16の夜、「今夜、ロマンス劇場で」が放映された。
白黒映画のヒロインの幽霊と映画監督を目指す青年との恋を描いたロマンスコメディーだ。

住む世界の違う二人は触れ合うことができない。触れると彼女は消滅してしまうからだ。
究極のプラトニックラブとも言えるものだ。

私はオッサン、いやジジィとしては気恥ずかしいが、こういう話は決して嫌いではない。

しかし、今これを放映するのには違和感を禁じ得ない。
コロナウィルスによって人と距離を取らなければならない状況にマッチしているという魂胆が見えるからだ。

お互いに行動が分かっている特定の男女が触れ合いを避ける必要はない。気分だけで妙な状況を受け入れるような空気を醸し出すのは止めてもらいたいもんだ。

AvatarA映画から人が現実世界に飛び出してくるという基本アイディアが同じなので、ウッディ・アレンの「カイロの紫のバラ」の二番煎じという先入観があり見てなかった映画。
そんなに悪くはなかった。
今これを放映することについてもHほど違和感はない。
ただプラトニックという設定の必要性はあまり感じなかった。

主要登場人物の役名が往年の監督・プロデューサーから拝借していて、映画ファンとしてはちょっと嬉しかったりする。

マキノ雅弘(チャンバラ映画の名監督)
成瀬巳喜夫(女性映画の巨匠)
俊道浩滋(東映やくざ映画のプロデューサー)
山中貞夫(戦前の伝説的名監督)
本多猪四郎(ゴジラの監督)

などなど

【A】そんなに悪くはなかった。
今これを放映することについてもHほど違和感はない。
ただプラトニックという設定の必要性はあまり感じなかった。

私も内容にはケチをつける気はない。
ただ、今放送するのはあざとさを感じるし、何かコロナに負けた気がするんだ。
生活全体に変容が必要なのはわかるけど。

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

いつも何度でも

AvatarA言わずと知れた「千と千尋の神隠し」 (2013.11.10)の主題歌だ。

今日5月2日は朝から何故かこの歌が気になって、YOUTUBEで色んな歌手のをとっかえひっかえ聴いている。

オリジナルの木村弓、自衛隊の鶫 (つぐみ)真衣、ナターシャ・グジー、maina、そしてフランスの教会の聖歌隊・・・

私はもともとはこの歌のようにスジがなくイメージを羅列だけの歌は苦手だ。
どうしてもストーリーやロジックやメッセージを求めてしまうからだ。
でもこの歌は嫌いなタイプなのに前から気になっていたのだ。
今回理解しようと頑張って聴いてみた。

死と滅び(のイメージ)の果てにわずかな希望を見出す歌(だよね?)
これが今の心境に響いたのだ。

パンデミックのGW、無人の町を散歩。
遠くで遊ぶ子供の声が聞こえた。


【A】私はもともとはこの歌のようにスジがなくイメージを羅列だけの歌は苦手だ。
どうしてもストーリーやロジックやメッセージを求めてしまうからだ。

私は昔作詞をやっていたんだけど、自分の作風はやはり「意味」から離れたものはなかったが、だからこそ自分の書けない意味のない歌詞に憧れがあった。
勿論、質によるけどね。

この辺りかって「私が『翼をください』を嫌いな理由」(2011.2..28)で話したことがある。

【A】死と滅び(のイメージ)の果てにわずかな希望を見出す歌(だよね?)

再生に重点があるという解釈もあるようだ。

【A】パンデミックのGW、無人の町を散歩。

自然災害の時のようには外見はダメージなく、ただ人がいない見たことない光景だよね。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

JIN

AvatarA4/29、MBSで「JIN」の再放送を観た。
放映当時(2010年)称賛されたドラマだったが、観る機会がなかったやつだ。
現代の脳外科医がタイムスリップして幕末(1862年)へ。
現代医学の力で身近の病人を助ける話だ。
第一部の第3話はコレラと戦う話だった。

病人の隔離、衣服や用具の消毒、薬がない中での治療、無知による差別、医者の過労など、我々が日々ニュースで見ているエピソードがどんどん出てくる。

主人公の治療方法を広め、コレラに対抗しようと勝海舟や緒方洪庵が幕府に上奏するが、「前例がない」となかなか通らない。
これも今の政府を批判しているように見える。
10年前のドラマなんだけどね。

いまこのドラマの再放送を決めたMBSのメッセージは明らかだ。
今回のGW、第一部第二部のトータル22話を一挙放送するようだ。
外出せず家でこのドラマの行く末を見届けようと思う。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

黒沢明入門 2

AvatarA今度は私自身の黒澤明入門体験を語ろう。

1977年浪人生だった。
テレビで「羅生門」を見たのが黒澤初体験だった。
知的好奇心にもの凄い衝撃を受けて、頭の中がぐるぐる回っていた。

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑦羅生門
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-261.html


1979年秋、大学生だった。
三劇での痛快時代劇3本立て「用心棒」「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」。
劇場を出た時には三船敏郎になり切っていた。
血沸き肉躍る冒険譚としては最高の組み合わせだった。
この三本立てをきっかけに私は映画ファンとなり、大学時代は新旧和洋を問わず見まくった。

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑭用心棒
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-317.html

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑮椿三十郎
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-375.html

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑫隠し砦の三悪人
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-314.html


次にDに誘われて見に行ったのがSABホールでのオールナイト。
黒澤現代劇の3本立てだ。
「酔いどれ天使」「生きる」「天国と地獄」
「生きる」が終わった時に客席から拍手が起きた。
初めての経験で拍手をしなかったが、気分は同じだった。
黒澤の映像テクニックに酔った夜だった。
この頃大学の図書館で小林信彦の「我々はなぜ映画館にいるのか」を借りて読んだ。
そのなかの「黒澤だけしか頭になかった」という評論でさらに深く黒澤にのめり込む。
酔いどれ天使の闇市を「本物よりも本物らしい」と評したのは黒澤の本質に触れる名言だ。

黒澤明は具体的に何が凄いか?④酔いどれ天使
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-143.html

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑨生きる
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-289.html

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑯天国と地獄
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-1912.html


この後もう一度DとSABホールで「醜聞」「白痴」を見たが、ちょっと箸休めといったところ。

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑧白痴
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-267.html

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑥醜聞
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-256.html


新開地に神戸シネマという映画館があった。
150円で3本立てを大スクリーンで見せてくれる学生にはうれしい映画館だった。
そこで大学時代に「生きる」が1週間かかったことがあった。
友達を誘って3日間通った。
でも友達の感想はイマイチだった。

ここまで私は「七人の侍」を観ていない。
昔の映画を見たいときは、レンタルビデオのない当時、毎月情報誌プレイガイドジャーナルをチェックして、名画座や自主上映を探すしかない。
大学時代の最後にようやく大阪の映画館での上映を見つけて駆け付けた。
黒澤明の最高傑作という評価は頭に入っており、期待はいやがおうにも高まった。
こういう時は期待外れに終わることが多いんだが・・・
見終わった時の感想はよくある「ワクワク感」でも「感動」でもなく「巨大な凄いものを観た」という感じだった。
上映終了後、少しの間席を立てずにいた。
燃える水車小屋の前で赤ん坊を託された菊千代が川にへたり込むシーンのように。

黒澤明は具体的に何が凄いか?⑩七人の侍
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-297.html

こうして私は黒澤明にはまった(入門した)のだった。

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

黒沢明 入門

AvatarAYOUTUBEで「ぷらすと 黒澤明入門」を見た。
春日太一と松崎健太という2人の映画評論家が司会の森郁月に黒澤映画の魅力を語る番組だった。
春日太一と松崎健太の黒沢好きが伝わってきて、黒沢ファンにとって楽しい時間を過ごさせてもらった。

「ぷらすと 黒澤明入門」
https://www.youtube.com/watch?v=7r6NjKQ2-ng

番組の最後に2人の映画評論家のおすすめの入門編を紹介していた。

春日太一
隠し砦の三悪人、用心棒、生きる

松崎健太
野良犬、七人の侍、天国と地獄

私なら松崎健太の七人の侍を隠し砦の三悪人に入れ替えるかな。
いきなり神戸ビーフに行かずにまずは美味しいトンカツから味わってもらう。
って感じです。

野良犬は世界中の刑事映画に影響を与えている「世界の黒澤」を体験してほしい。
天国と地獄は森郁月の初見での感想が全てを物語っている。
「これはクラシックなんかではなく、今見るべき映画じゃないか!」
その通りだと思う。
黒澤明の映画は有難がって観るものではなく、楽しんでファンになる映画だから。

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク