FC2ブログ

炎鵬の下手投げ

AvatarA炎鵬の得意技は、前に出て左下手を掴み、体を回転させながら打つ下手投げだ。
相手もそれを知っているから、下手投げを打つ炎鵬に体重をかけてつぶそうとする。
それに対する炎鵬の対策が鮮やかだ。

初場所十二日目の高安戦がそんな試合だった。
https://www.youtube.com/watch?v=MByny754GDo

右足は炎鵬が跳ね上げているので、相手の高安は左足一本で立ち、右手で炎鵬の左下手を抱える体勢。
ここで高安は炎鵬の左下手に体重をかけてつぶそうとする。
小兵炎鵬にとっては怪我のリスクを負うことになる体勢だ。

ここで炎鵬は左下手を抜き、さらには蹴上げていた左足も外す。
支えの亡くなった高安は土俵に落ちるしかない。

炎鵬によれば、下手投げから肩透かしへの変移技で、名前はまだないそうだ。
左足を外しているところは、柔道の内股透かしの要素も垣間見える。

技の種類は舞の海には及ばないかもしれないが、この切れ味は見る価値がある。


スポンサーサイト



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

炎鵬のCM

AvatarA炎鵬が出演した西武そごうの正月用CMが話題だ。

一見うしろ向きの敗北主義的文章が、逆に読むと前向きな文章になる。
炎鵬がナレーションしていて印象的だ。
記録の為、全文引用します。

(まずは敗北主義者の言葉)

大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
それでも人々は無責任に言うだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。

(画面の塩法は押し込まれガックリ膝をつく)
(「さ、ひっくり返そう」との文字が出る)
(前に出る炎鵬、順番を変えただけで自分を鼓舞するセリフとなる)

土俵際、もはや絶体絶命。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
今こそ自分を貫くときだ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
それでも人々は無責任に言うだろう。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
大逆転は、起こりうる。

最後に炎鵬は「私は私」と言い切って終わる。

後半はまるで炎鵬の相撲道を唄った詩のようだ。

初場所十三日目の阿炎戦はこのCMを実践したかのように思えてしまう。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

炎鵬の足取り

AvatarA初場所十三日目の炎鵬対阿炎戦で炎鵬が見せた足取りが凄かった。

土俵際に押し込まれた炎鵬が、回り込んで阿炎の右足を抱えた。
次の瞬間、阿炎の体が軽々と50cmほど浮き上がって、土俵の外へ。
150kgの巨体が余りに軽々と浮き上がったので驚いた。

炎鵬対阿炎戦
https://twitter.com/NhkSumo/status/1220627480848912385
炎鵬によると「阿炎が跳ぶのが分かったのでその瞬間を狙った」とのこと。



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

大関在位記録

豪栄道が引退した。
八百長問題の幕の引きかたが気に入らなくて、相撲を見ないようにしてから久しいが、(*詳しくは末尾の記事をごらんください)大阪生まれの彼が大関になったぐらいは知っている。

それでも、彼が大関在位記録の歴代10位というのは意外だったので、以下にベスト10を並べてみた。

1位 千代大海龍二
65場所 1999年(平成11年)3月場所-2009年(平成21年)11月場所 515勝345敗115休 優勝2回

2位魁皇博之
65場所  2000年(平成12年)9月場所-2011年(平成23年)7月場所中引退 524勝328敗119休 優勝4回

3位 貴ノ花利彰
50場所 1972年(昭和47年)11月場所-1981年(昭和56年)1月場所中引退 422勝285敗49休 優勝2回

4位 琴欧洲勝紀
47場所 2006年(平成18年)1月場所-2013年(平成25年)11月場所 378勝264敗63休 優勝1回

5位 北天佑勝彦
44場所 1983年(昭和58年)7月場所-1990年(平成2年)9月場所中引退 378勝245敗29休 優勝2回

6位 小錦八十吉 (6代)
39場所 1987年(昭和62年)7月場所-1993年(平成5年)11月場所 345勝197敗43休 優勝3回

7位 貴ノ浪貞博
37場所 1994年(平成6年)3月場所-1999年(平成11年)11月場所(35場所) 340勝177敗8休 優勝2回
2000年(平成12年)3月場所-2000年(平成12年)5月場所(2場所) 13勝17敗0休 優勝なし

8位 朝潮太郎 (4代)
36場所 1983年(昭和58年)5月場所-1989年(平成元年)3月場所中引退 294勝203敗33休 優勝1回

9位 豊山勝男
34場所 1963年(昭和38年)3月場所-1968年(昭和43年)9月場所 301勝201敗8休 優勝なし

10位 豪栄道豪太郎
33場所 2014年(平成26年)9月場所-2020年(令和2年)1月場所 260勝194敗41休 優勝1回

*「さらば大相撲」 (2011/04/19)
*「再びさらば大相撲」(2012/04/15)
*「ミッション・インポッシブル、大相撲、南海メモリアルギャラリー」(2015/10/08)

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

炎鵬の四股名

AvatarA最近小兵力士炎鵬が気になる。

入院していた時にNHKで炎鵬のドキュメンタリーを観た。
あるディレクター炎鵬の四股名の下の名前が本名ではないことに気づいた。
彼がその背景を調べていくのを追った番組だった。

炎鵬の四股名は炎鵬晃、本名は、中村友哉。
四股名の下の名前は、本名をもってくる力士が多い。
花田光司が貴乃花光司といった形だ。

炎鵬は子供の頃から小柄で、相撲では大柄な子にはよく負けていた。
それでも相撲が好きだったので小学生の大会によく出場した。
そんな中に自分より4歳年上の北君という同じように小柄な子供がいた。
北君は自分より大きな子供にもしばしば勝利を収めていた。

炎鵬少年は北君の試合のビデオを擦り切れるぐらい観た。
大きな相手を倒すには、スピードと勇気が必要だと分かった。
それからは大きな相手にも向かっていき、
今の炎鵬スタイル「前に出て下手投げ」を身につけた。
そのおかげで夢だった力士になれた。

炎鵬が中学生の時、北君は交通事故で亡くなった。
入門に際し四股名を決める時、自分を導いてくれた北君の名前「晃」をもらった。
今でも炎鵬は時々北晃君の実家を訪れ恩人に線香をあげているそうだ。

炎鵬は体力差から苦戦を続けている。
恐怖から弱気になり逃げてしまうこともある。

ある日炎鵬はファンの少年の母親から手紙を受け取る。
少年は難病と闘っており苦しい治療を続けている。
子供なのでその苦しさに泣き出し嫌がったりする。
そんな時、炎鵬が巨漢力士に逃げずに立ち向かう姿に勇気を得ている。

炎鵬は少年を訪れ、決して逃げないことを誓い、少年を励ました。
少年は治療に立ち向かうことを炎鵬に約束した。
これが炎鵬の相撲にも影響を与えた。
巨漢力士との立ち合いで変わったりせず前に出る自分の目指す相撲を貫くようになった。
今炎鵬と少年は自分たちの挑戦をメールで報告しあってお互いを励ましている。

このドキュメンタリーを病院で見た時、涙が止まらなかった。
そして厳しい検査や手術に向き合う勇気が出た。
それから炎鵬が気になるようになったんだ。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

白鵬国籍離脱

AvatarA
白鵬がモンゴル国籍を離脱するらしい。
日本に帰化して親方になるためということ。
日本国籍でないと親方になれない決まりがあるらしい。

モンゴル国内や親族の中でも摩擦はあるらしい。
法律じゃないんだから、不世出の大横綱に対して特例を認めてあげてほしかった。
また、だめならダメで相撲協会はちゃんと理由を説明すべきだろう。
例によってマスコミはそんな質問はしてないのかな?

この構図って、男系天皇規定に似てる。




相撲には伝統芸能の側面もあるにせよ、現役はOKで親方はダメってのはよくわからないよね。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

北尾

AvatarA北尾=双羽黒が亡くなっていた。
昔の写真をみると大谷翔平によく似ている。
考えてみると、スケールの大きさ、日本人離れした体力、なども似ている。
天才は似てくるもんだろうか?




性格は随分違うけどね。

でも北尾は確かに規格外だった。
相手がなんか知らぬ間に土俵を割ってる感じだった。
但し、その分従来の相撲の様式美からは逸脱していて、見ていて面白くはなかったけど、、。

テーマ : 大相撲 注目の力士
ジャンル : スポーツ

貴の岩暴行事件(加害者の部)

貴の岩が今度は暴行の加害者となった。
暴行の発端の付き人の忘れ物の内容には複数説あり、公式には風邪薬説のようだが、財布説も見受けられ、そちらの方が「貴の岩が財布は持って行かなくていいと言ったと思った。」という付け人の話が具体的だ。

しかしそれが真実なら、貴の岩には財布ぐらい自分で持てよとも思うし、誰か言ったにせよ大の大人が財布無しで出かけるところに、全員のごっつぁん体質が垣間見えると思ってしまう。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

「事実無根と言え」とは言ってない

貴乃花が相撲協会に対して反撃に出た。
ただ、ここでは両者の是非を論じるつもりはない。

貴乃花が「『“告発状は事実無根だ”と言え』と言われた。」と言ってるのに対して、相撲協会が「そんな事実はない。」と反論しているのが、テレビでよく流れている。

あそこで、「じゃあ、協会は事実無根とは思ってないんですか?」と突っ込む奴はおらんのかいな。
いたけど流されないだけかな?
AvatarA
こういう時にいつも思うのは、マスコミ各社が相撲協会に気を使い過ぎているじゃないかということ。

記者は大相撲を飯のタネとしか考えてないじゃないだろうか。

日本の伝統文化を守ったり、スポーツとしての発展や公平性の実現に寄与しようという気が感じられない。



相撲だけを取材対象としてはいない記者ならリスクを冒してもよさそうなもんだがなあ。



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

女人禁制についての理事長コメント

AvatarA

八角理事長が女人禁制についてのコメントを発表した。

「土俵は男が必死に戦う場であるという約束ごとの結果として、女性が土俵に上がることはないという習わしが受け継がれてきたように思います」

この理屈では力士以外が土俵に上がるのもおかしいことになりそうだ。
男性市長でも禁止されるべきだろう。
それを男女で区別するから違和感がある。

これに先んじて「女性を不浄のものとする考えに基づいてはいない」とも述べて、
あくまで伝統を守っているだけとしている。

伝統が女性蔑視に基づくものかどうかは、学者の研究を待つべきとも思う。


【A】「土俵は男が必死に戦う場であるという約束ごとの結果として、女性が土俵に上がることはないという習わしが受け継がれてきたように思います」


相変わらず説得力がない。

ただ、「続 土俵と女性」でも話したように、女人禁制は色んなものが合わさってできたと思われる内の一つの要素ではあると思う。

炭鉱や漁場と同じだ。そしてその場合もしばしば女神の嫉妬と結び付いたりする。

【A】この理屈では力士以外が土俵に上がるのもおかしいことになりそうだ。


違いがあるとしたら、男の側の気持ちの中にあるのでは?
力士以外でも男性なら気が散らないが、女性だとそうでは済まないとかね。

なので、

【A】これに先んじて「女性を不浄のものとする考えに基づいてはいない」とも述べて


それはそうかも知れない。
不浄なものは男の心の中にこそある。

それはさておきこの論理では、女性の相撲を土俵でやってることに対して全く論拠を持たない。

【A】あくまで伝統を守っているだけとしている。


日本相撲協会という一興行団体の行う「大相撲」という催しに限って、男だけでやるというのは裁量の範囲内だと思う。
よく言われるように宝塚や歌舞伎と同じだ。

そこで、自分達が土俵は神聖だとか一般論に話を拡げるからおかしくなる。
それを主張するなら、せめてそれなりの儀式を、今のようにいつどんなことをやってるのかわからんのではなく、明快に執り行って境目を明確にしてそれを説明し、その範囲外は土俵を女性にも解放すべきだ。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク