FC2ブログ

九州からの転校生

AvatarA年末に「フラガール」を放映してたので観てたら、昔の記憶がよみがえってきた。

「フラガール」は1965年~1966年の話だが、炭鉱の人員削減が進み、炭鉱夫とその家族が移っていくシーンがある。

1967年頃、私は塩屋に住んでいた。
ある日大量の転校生がやってきた。
町はずれに出来た社宅に引っ越してきた家族の子供たちだ。
あれって、もしかしたらどこかの炭鉱で仕事がなくなり、神戸に移り住んだのかも。
「馬原」を「まばる」と読ませる苗字の子がいたので、九州(三池炭鉱あたり)から来たんだと思う。
彼らはみんな素朴な子供たちで、将来の夢が新幹線の運転手という子がいたりした。

石炭産業の衰退は教科書や映画の中の出来事だったけど、意外にニアミスしていたのかもしれない。

大好きな松雪泰子の映画なんだけど、今回は見逃したな。
と言って今時CSやレンタルならいつでも見れるんだけど、地上波は勿論ギリギリBSまでで放映されると何か見なきゃ行けない気がする。

さて、この話前にした覚えがあって自分達のブログ内を検索してみると、「昭和50(1975)年」の中だった。

テーマはある年代には古いものと新しいものが混在しているのが当たり前なのに記憶は当時の新しいものに偏り勝ちで、写真等を見返すと思いの他古くていささか驚かされるということだ。

もう一つ、若い頃の数年は、後で振り返ると歴史から現実へワープするぐらいの速さで過ぎて行くということ。
スポンサーサイト



テーマ : 思うこと感じること
ジャンル : ライフ

羊は万里の長城を越えられない

AvatarA万里の長城を取り上げたNHKのドキュメンタリーを観た。
その中でこんなことを言っていた。

「匈奴は羊を連れて移動するので、羊が越えられない壁は、匈奴の侵入に対し効果がある」

私は今まで万里の長城は匈奴(遊牧民)の軍勢を防ぐためのものだと思っていた。
どこから来るのか分からない匈奴の軍勢をあれだけの広範囲に防ぐのは不可能じゃないかと思っていた。
壁自体そんなに高くないしね。

でも遊牧民が漢の領土から締め出す目的だったら、羊が越えられなければ十分だから、万里の長城は有効そうだ。

トランプの壁のことを万里の長城と嗤っていたが、思ってたより目的は似通っているみたいだ。




【A】私は今まで万里の長城は匈奴(遊牧民)の軍勢を防ぐためのものだと思っていた。




人ではなく、馬を想定したものとは思っていたけど、馬=軍ってことで、同じ動物でも生活の友の羊とは思ってなかった。

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

続 夕食、夕ごはん、晩ごはん、夜食、夜ごはん

AvatarA先日テレビで日本人の食事習慣の変遷について紹介していた。
江戸の初期までは朝夕の二食で、暗くなったら寝ていたそうだ。
それが菜種油が安くなって行灯が庶民にも普及し、晩御飯の習慣が出来たらしい。
さらに江戸に住むの庶民は寿司などの屋台の発達で間食が増え1日5食なんて時代もあったらしい。
現代人よりだいぶ豊かな食生活を送っていたのかもしれない。


関連記事へ:「夕食、夕ごはん、晩ごはん、夜食、夜ごはん」

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

続 中国人の斜め読み

AvatarA 「中国人の斜め読み」でHが言ってるのは、日本人は斜め読みの時、助詞で文章の大意を予想するってことかな?
だとすると滝沢カレンの文章は斜め読みにくそうだ。







先の記事の趣旨はかなは読まないということなので助詞も眼中にないとして書いてるんだけど、言われてみると確かにAの言うように助詞で大意を予測している場合もあると思う。

特に格助詞は重要で、例えば英語なら語順で峻別しているところそれによって見分けているので、注意しているような気がする。

しかし、そのシステムはよくわからないなあ。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

中国人の斜め読み


ずっと以前、「英語の斜め読み」で英語では通常は斜め読みができないという話をした。

そもそも我々日本人は漢字かな混じりの文書を読み解くことにかけては優れているけど、アルファベット単一の文章を一直線に読みことにかけては例えば英語ネイティブには敵わないとも話した。

さて、その漢字かな混じり文を読む場合、我々日本人はほぼかなしか読んでいないわけだけど、中国人も同様のようだ。

彼らが日本語を音読するのを聞くと、助詞の機能を理解はしていてそれをテーマにした問題は解けたり、書き分けたりできるレベルの者でも、いざ読むとなるとずいぶん助詞の扱いがぞんざいなことでそれが分かる。

我々日本人は黙読で読み飛ばしていても、音読の場合はそんなことはしないし、例えば読み飛ばした文章について話す場合、補正して再現することができるが、彼らは飛ばしたっきりだ。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

夕食、夕ごはん、晩ごはん、夜食、夜ごはん

「朝」・「昼」の食事は「朝ごはん」・「昼ごはん」でそれぞれに漢語の「朝食」・「昼食」も貼りついている。
ところが、夜は一筋縄では行かない。

元々「晩」と「夜」という二つの表現がある上、食事に関しては「夕」も用いられる。さらに漢語との対照も素直には行かない。

和語ではかっては「晩ごはん」が主流で一部に「夕ごはん」が用いられていたが、最近では「夜ごはん」も用いられるようになり、既に市民権を得ているようだ。

食事の時間が遅くなって来たからと言われるが、私達の世代では既に「晩ごはん」が主流で、「夕ごはん」からの移行が起こったという認識はない。

そして不思議なことに漢語の方は今だに「夕食」が用いられ、「晩食」は使われない。
さらにややこしいのは「夜食」は通常は食べない4回目 の食事を指し、「夜ごはん」が認められてくると、漢語と和語で別のものを示すことになってしまった。

ちなみに一応「~食」を漢語、「~ご飯」を和語として扱ったが、「あさ」、「ひる」、「よる」は確かに訓読みではあるが、実は「御(ご)」も「飯(はん)」も音読みだから「ごはん」は和語とは言えない。

さらに、「晩(ばん)」も音読みだ。
だから、「晩ごはん」はその柔らかな語感とは裏腹に漢語とは言い難い。

そして、「夕食」の「夕」は逆に訓読みとどうにも複雑だ。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

「いる」と「ある」

日本語で外国人を悩ますものの一つに「いる」と「ある」の使い分けがある。
まずは生物と無生物と言われるけど、じゃあ植物はとなって、次に動くか否によるとなる。

ただ、動くものでも機械は?という疑問が湧き、無生物だから「ある」のはずだけど、工作機械は「ある」だが、いわゆるロボットだと物語の世界はもちろん、実世界でも「いる」を使う局面が増えていくと思われる。

そこに生命や意志・人格を感じているかどうかの問題とも言われるが、「動く」を「作動」ではなく「移動」に限れば、「動く」ものは「いる」で説明がつきそうだ。

車でも今現在止まっていて先の運転・運行つまり「移動」も想定されない、例えば駐車場の自家用車などは「ある」だけど、電車・バス・タクシーなどの乗り物は機械なのに「いる」が使われる例としてよく挙げられ、背後にいる運転手等に人格を感じてるからとも説明されるが、これも「移動」の概念でもこと足りそうだ。

というか、そもそも「移動」には何らかの意志が伴うものという潜在意識があるように思う。

生物でも死んでしまって動かなくなれば「ある」が使われるようになる。市場の魚しかり、人間でさえ「死体がある」である。

しかし、知己の死体を「ある」とは言えないことを考えると、「移動するもの」と「意志のあるもの」はほとんど一致するが、やはり「意志」の有無が優先するようにも思える。

さて、冒頭の植物は生物だけど「ある」というのも、「移動」しないからでも片付けられそうだが、昨今植物にも「意志」があるという認識も生まれているように思われ、以前より「ある」を使うことを逡巡する気分があるような気がする。

かと言って「いる」は違和感があるからなるべく別の動詞、「咲いてる」「生えてる」「植えられてる」等に言い替えてるんじゃないか?

医学の進歩により人間に「植物状態」があり得ることになったことと関わりがあるかどうかはわからないけど。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

「なので」

この10年ぐらいよく聞くようになった言葉に「なので」がある。
「~なので」と前に言葉があって理由を示す表現は昔からあったが、それを単独の接続詞として文頭に用いる人が増えている。

「だから」では幼稚で言い訳がましい感じがするし、かと言って、「と言うわけで」ではちょっと他人事な説明に聞こえるので、「なので」は重宝なようだ。

また、本来「~なので」としての用法であった名残りで、ある程度具体的な理由を指すことが想起させられる分、会話する者の間で認識のズレがあった場合話が食い違うリスクもあると思うのだが、逆にそれを承知で使うことで自分達は意思の疎通・情報の共有が出来てるよねというアピールになってる部分もあるように思う。

そうは言っても最初は違和感があったものだが、随分慣れてしまった。ただ、私自信は喋りではあまり使わない。書き言葉では尚更使わないが、不思議なことに手紙文と会話を言ったり来たりしているこのブログでしばしば使ってしまう。

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

イントネーション

日本語ではアクセントが音節間の音の高低(英語などはストレスアクセント)なのに対して、イントネーションは文全体の音の高低のことを言う。

文全体の音の高低という表現にとらわれると、何だかアクセントよりも長いスパンでの音の上下動のような気がするが、じゃあ単語内のアクセントとの関係はどうなるのという疑問が沸いて来る。

確かに特定の方言において、単語内アクセントとは別に文を支配するイントネーションというのもあるような気がするが、実際イントネーションが話題になるのは、ほとんどの場合疑問文における上昇調だ。
その違いが文の意図(単語の意味ではなく-後述)に影響を与えるからだ。

そしてその場合、文全体と言いながら実は文末の一語のそのまた最後の音節の中での上昇であることが多い。
何しろ極論すれば一文一音節の場合もあるんだからやむを得ない。
例えば「で?」とか「え?」とか。

結局文全体と言いながら実際は、2音節以上の音の高低であるアクセントよりも短い音節内の高低であることが多く、むしろ中国語などの声調と近いものがある。

但し、声調は単語そのものの意味の違いをもたらすが、イントネーションは疑問文か平述文かの意図の違いを示すだけで、それが含まれる単語の意味は変化させない。
単語の意味の違いをもたらすのは、日本語では前述の音節間の音の違い、アクセントだ。

イントネーションは一般的な説明とは違い声調に近い音節内変化になってしまっているが、それはそれでアクセントとの差を明確にする役目は果たしているように思う。

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本軍の愚行

AvatarA終戦の日が近づくとテレビで旧日本軍の愚行を取り上げる番組が放送される。
特に日本軍の日本兵に対する酷い扱いがよくテーマとなる。

徴兵され戦地に送り込まれると何年も帰れない。
その間休暇もないことが多い。
人命や人権を無視した扱い。
非論理的な作戦の末、多くの兵士が犠牲となる。
そのつけは遺族に回ってくる。

先日高度成長期のホワイトカラーの生産性の低さを話題にしたが、あの頃の日本企業の従業員に対する扱いには日本軍の兵士への扱いに相通じるものがある。
違うのは、命までは取られない、最低限人権は法律や組合に守られていること。
そして、働いた分豊かになったと感じられたこと。

高度成長期のサラリーマンの多くは戦争経験がある。
彼らは大戦中に比べれば、あの程度のハードワークはどうってことない、と思っていたんじゃないだろうか?

だからホワイトカラーの働き方改革は数十年も遅れたのではないか?
終戦特集を見ながら、そんなことを考えていた。

【A】高度成長期のサラリーマンの多くは戦争経験がある。
彼らは大戦中に比べれば、あの程度のハードワークはどうってことない、と思っていたんじゃないだろうか?

実際戦争体験を持ち出す場合もあったし、「企業戦士」なんて言葉もあった。
国なら普通に考えて換わるものはないけれど、命は言い過ぎにしても少なくとも生涯を賭けるには、終身雇用が前提になっていなければならないだろう。

しかし、昭和40年代はともかく30年代にはまだ実際に定年まで務めあげた人なんてさほどいなかったんじゃないかと思う。
なのに何故それを信じさせることができたのだろう。

江戸時代の藩態勢への類推だろうか?あるいは戦前に既にその芽があったのか?
それとも何か他に魔法の言葉があったのだろうか?

AvatarA

【H】しかし、昭和40年代はともかく30年代にはまだ実際に定年まで務めあげた人なんてさほどいなかったんじゃないかと思う。

定年は勤続年数じゃなく、年齢により解雇されるものだから、定年まで勤めた人はたくさんいたんじゃない?
会社都合での解雇もほとんどなかったろうから、終身雇用は信用されたんじゃないかな。
あと月給取りとしては公務員が見本となったんじゃないかな?

【A】定年は勤続年数じゃなく、年齢により解雇されるものだから、定年まで勤めた人はたくさんいたんじゃない?

でも、戦後落ち着いてから始まった会社ならせいぜい10~15年、その時点で定年なら同時55歳定年として40歳以上からの就業だ。
それだけで本当に終身雇用を信用させることができたんだろうか?

少なくとも新卒時からの給与体系のモデルを示す必要があると思うんだけど、それちゃんとやってたのかな?

あるいは終戦で途切れたと思ってたものが、実は戦前から連続してたってパターンだろうか?

この辺の疑問は以前クレージー・キャッツの映画を見たときにも話した覚えがあるなあ。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク