FC2ブログ

競馬におけるダメージの蓄積

AvatarA前半とばした馬は後半ばててスピードが出ない。
つまりダメージの蓄積(体力消耗)のつけを後半払っていると言える。
前半抑えた馬は後半全速力で走ることが出来る。
この場合ダメージの蓄積のつけが回ってくるのはゴールした後だ。
つまりレース結果に影響しないタイミングとなる。

ということは先行馬はレース中につけを払うけど、追い上げ馬はレース後につけを払う。

同じつけを払っても、追い上げ馬の方が先行馬より、断然効率的にレースしているように思える。

それでも先行馬が存在するのはなぜ?

まず、言葉を整理しておくと、先行馬に対するものは差し馬あるいは追い込み馬と言う。
後者はその二つの名称が小分類になり、先行馬は先行馬と逃げ馬に分けられる。
また、先行馬と狭義の差し馬を合わせて(イメージとしては先行馬寄り)、好位差しと言う場合もある。

さて、広義の先行馬の中の逃げ馬の利点はと言えば、自分でペースを作れること。そして狭義の先行馬もそれに近い。前に行っておいて、もしペースが遅ければ自分から仕掛けて行けばいいから。

逃げ・先行馬のメリットを次に挙げるとコースを自分で選べること。
通常なら内の経済コースを選択し、道悪なら外の芝の荒れていないところを通るという具合だ。
不利を受けたり、アクシデントを蒙ったりする可能性も少ない。

それから馬の個性の問題として、抑えの利きにくい馬や抑えることが足をためることにならない、言わば有酸素運動が不得手な馬(科学的には定かではないけど)、鋭い脚がないから前にいないと勝負にならない馬などがいる。

そして、逃げ馬の中には群れの中で走ることが苦手だから逃げてるものがいる。

実は馬群を避けるにはもう一つ方法がある。
極端な後方待機、つまり追い込みにかけることだ。
外々を回らされるコースロスよりも気分良く走ることを取るわけだ。

そんな訳でしばしば逃げ馬が抑えが利くようになると、追い込み馬に化けることがある。
スタートダッシュのスピードを最後に持ってくるのだ。

競馬はゴール前でいかにフレッシュな状態を保っているかが勝負という側面があり、その意味では確かに逃げ・先行馬は大きなリスクを負っていて(逃げ馬には風圧や目標にされる心理面の負担も加わる)、差し・追い込みの方が有利な点は多い。

しかし、ダメージの蓄積がゴール後に来るということは、それがピッタリゴールラインなら理想的だが、ゴールしてもまだダメージが蓄積していない状態になる危険を孕んでいる。
つまり力を出し切っていない、俗に言う「脚を余して負ける」ことになる可能性がある。
スポンサーサイト



テーマ : 競馬コラム
ジャンル : スポーツ

菊花賞のレベル低下

武豊が久々に菊花賞を勝ち同レースの最年長勝利を更新した。最年少勝利記録も持っているんだから凄い話だ。

彼の偉業の価値を下げるものではないが、同レースの出場馬に関しては近年レベルの低下が言われているようだ。

長距離レースの地盤沈下は世界的な傾向であり、日本はまだましだが、やはりその流れを受け出してから随分経つ。

しかし、腑に落ちないことがある。

かってのようにG1の賞金がさほど差がなかった時と違い、目標選択上菊花賞のライバルと言える有馬記念とジャパンカップが3億円(1着)、さらに春のダービーが2億円と突出するようななったとは言え、菊花賞もまだまだ1億2千万円で7位であり、有馬記念やジャパンカップより開催時期が近く、直接上の選択肢としての相手である天皇賞(秋)の1億5千万円とはさほど大きな差があるわけではない。

なのに一流馬の陣営が菊花賞を重要視しないのは何故か?

長距離レースを走った後のダメージは確かに大きいだろうとは想像するが、決定的なものとも思えない。

思い当たるのは、一流馬にとってはレースの賞金より種牡馬としての価値の方が重要で、それには菊花賞はあまり貢献できないだろうということだ。

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

ディープインパクト~エネイブル~アーモンドアイ

ディープインパクトの訃報はまだ若いのに残念な限りだ。
それにしてもあれだけの巨額の種付け料を棒に振って、安楽死って相当ひどい症状だったんだな。
冥福を祈ります。

そのディープインパクトでも成し得なかったのが凱旋門賞制覇だが、今それを連覇中の世界最強牝馬エネイブルがキングジョージを史上に残る激闘の末2回目の勝利、また勲章を増やしたわけだが、3度目の凱旋門賞後ジャパンカップでの来日が噂されている。

海外遠征のリスクを理由に凱旋門賞を回避したアーモンドアイに千載一遇のチャンスがやって来た。
まさか今度は逃げないやろな?

そして、エネイブルにはぜひとも凱旋門三連覇した上で、日程的には厳しいだろうが万全の態勢で来てもらいたい。

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

続 クラブ馬主

AvatarA
会社に『クラブ馬主』の人がいるので聞いてみた。
ネット上にラウンジと呼ばれるサイトがあって、クラブ馬主は各々自分の意見を書き込む。
調教師がそれを見て次のレースを決めるそうだ。
ラウンジでは皆が好き勝手な意見を言うだけで、(出走希望レースの希望の集約等の)収拾がつかないそうだ。




だとしても、より大きなレースへと向かうのを避けるのが、その落としどころになるとは思えないんだが。

テーマ : 競馬コラム
ジャンル : スポーツ

クラブ馬主


アーモンドアイの凱旋門賞回避について、クラブ馬主だからということが言われてるようだ。

個人馬主なら一人の意向で決められるからチャレンジし易いが、クラブ馬主は安全策を取り勝ちだと言うことだ。

しかし、一口馬主にさほどの発言力があるとも思えないし、彼らは一般ファンに近い存在でむしろより夢を優先するはず。

「クラブ馬主」の傾向ではなく、「アーモンドアイの所有者のクラブ馬主」の固有の話じゃないの?
AvatarA

クラブの意思決定ルールはどうなってるんだろう?
投票?
拒否権を持つ株主が反対したらダメとか?
きっとクラブにより違うんだろうな。



クラブでなくても法人馬主なら複数の役員・社員がいるわけで、個人よりは様々な人の関与はあるだろうが、その意思決定に関してはそれぞれのやり方があると思われる。

クラブというのは一般人である会員を募集する仕組みを言うが、その経営主体は法人であるだろう。
そしてその意思決定は先のクラブでない法人と同様だろう。

さて、一般会員の意見について、特に出走するレースの選択に関してはそんなに取り入れられることはないんじゃないかと思うのだが。
そしてもし取り上げられたとしたらむしろ現実より夢を選ぶように思うので、クラブ馬主だから大望を追い難いって話には違和感があるというのが、最初のメールの趣旨だ。

しかし、ここまで話して来て改めて思うのは、言葉では個人馬主対クラブ馬主という対比だけと、実際は結局個人対法人ということなのかも知れない。

クラブでない法人馬主を想像してみると、馬を持つために作った会社にしろ、本業の会社で道楽の馬を持っているにしろ、ワンマン会社に違いなく、それは限りなく個人に近いもので、法人らしい法人馬主と言えばクラブ馬主しかないのかも知れないから。

テーマ : 競馬コラム
ジャンル : スポーツ

イットー 4F 44.8


久しぶりに競馬の話題。

先日のビクトリアマイルで1600m1.30.5の日本レコードが出たのだが、それをひき出したアエロリットのペースが無謀じゃないかと話題になった。
前半4F(800m)44.8秒がそれだが、その数字には覚えがあった。

幻の桜花賞馬と言われた悲運の名牝イットーが、1975年のサファイアステークスで記録したものだ。
別に逃げ馬ではなかったのだが、その時は何故か二番人気のシルバーネロと競り合うことになってそんな馬鹿げた数字を計上してしまった。

さて、1000mの通過タイム57.0も同時の日本レコードペースだが、今の1000mの日本レコードはと言えば53.7 、冒頭に書いた1600m 1.30.5に対して当時は1.33.8と、相当の開きがある。
馬のレベルの向上もあるが、馬場の改良によるところが大きい。

その中にあっての4F44.8がいかに図抜けたものか、そしてそのまま押し切ったところにイットーの能力が垣間見える。

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

続 アーモンドアイ

AvatarA
私はこの馬のことを知りませんでした。
同僚の競馬ファンに聞いてみた。
「ディープインパクト並みに強いの?」
そしたら
「私は上だと思う」
とのこと。
その割りにはマスコミに取り上げられてない気がする。
そんなことない?


私もそう思う。
理由をいくつか考えてみると。

まず馬自身の問題は、初戦に負けたから「無敗」って美しさがなく、また牝馬だからクラシック戦線が一枚落ちるレースで、ジャパンカップでの驚異の世界レコードはそれを補って余りあるもののはずだが、長編小説としてのインパクトに欠けるところがあること。

そして背景には競馬全体の人気の低迷がある。ディープインパクトの時点でもピーク時に比べれば下火だったがさらに進んだ気がする。

7年前に話したようにネット投票が「競馬ファンの吸い出しポンプ」になってるんじゃないかというのもあるが、もう一つ感じるのは、メディアの多様化の中で、例えば野球のように地上波の放送が減っても人気を維持しているもの、従来なら見過ごされていたのが脚光を浴びるようになったものがある中で、競馬は少し埋没する方向にあるということだ。
特に主たる露出先のスポーツ新聞の低調さが響いている気がする。

かと言って昔のようなギャンブル一本ってわけには行かないだろうし。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

アーモンドアイ

競馬から離れて久しい私にとっては実感することはできないのだが、その戦績を見る限りアーモンドアイは歴史的名馬のようだ。

仮に日本で飛び抜けたわけでない馬が凱旋門賞を勝ったとしたら、日本馬のレベルアップの証ではあろうけど、なんだか今までのは何だったのか?という釈然としない思いも生まれるだろう。
それぐらい我々にとって凱旋門賞は高く立ちはだかる壁だった。それを打ち破るのは、意外ではなく真に期待を抱かせてくれる馬であってこそ喜びもひとしおと考えてたのに相応しい馬が現れたと思っていた。

それが、凱旋門賞には行かないらしい。
ショーモナ。

ひょっとしたら凱旋門だけをありがたがるのはアナクロだという考え方もあるかも知れない。
もし仮に陣営にそれがあるなら、それに代わるプランをハッキリ示して欲しい。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

まっすぐ走る天才


馬が進行方向に体を正対させては走らないことは過去何度か話している。

どちらか一方の前脚と、はすかいの後ろ脚を結ぶ対角線を方向軸として進む。右を前に出していれば「右手前」、逆は「左手前」。そしてその前に出す脚をしばしば入れ替えるのだが、それを「手前を変える」と言い、馬によってその巧拙がある。

勿論騎手との呼吸も大事で、事故の多くはその時に起きるし、そこまで至らなくてもコースを外れる場合もある。
斜めに走ってしまう(ヨレると言う)のは日常茶飯事だ


長年競馬を見ていてもこの馬の走り方や「手前を変える」意味を知ったのは、かなり年数が経ってからのことで、ちょっとした驚きであった。

たまにゴール前の馬達を正面から捉えた映像など見て、何か横向いて走っていて騎手も妙な態勢だなと思っていたのが腑に落ちたものだ。

人間にとって斜めを向いた馬の体の上で、手綱を捌きながら真っ直ぐ走らせるのは至難の業だと思った。
斜めに走るのは距離ロスなのに、往々にして埒に寄って行くのも宜なるかなだ。

もっとも馬自身は常にそういう風に走ってるわけだから慣れたもんだろうけど、そもそも人間が勝手に引いたゴールラインへの最短距離など預り知らぬこと、ならば埒に頼った方か楽だろうと、ここまではよく考えたこと。

最近ふと思ったのは、強い馬達の中には埒と平行に最短距離を真っ直ぐ走るのに長けた馬がいるんじゃないかということ。
あるいは真っ直ぐ走らせることの上手い騎手、もしくはそのコンビとか、そんな天才がいるんじゃなかろうか?

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

障害の上で追い越す

AvatarA ディック・フランシスの競馬を読むと、障碍を跳ぶ時に障害の上で他の馬を追い抜いた、という描写が良く出てくる。
彼自身が騎手だったんだから、実体験に基づく表現なんだろうとは思っていたが、跳んで空中にある馬は加速できないのに何で他の馬を抜くことが出来るのか不思議だ。
同程度のスピードで走っているなら障害を跳ぶスピードも同じはずだものね。
アジア大会のハードル競技を見ても、明らかにハードル上で抜いたシーンは見受けられない。

ジャンプが不得意な馬がいることは予想できるので、そういう馬が障害でスピードを落とし、それを抜くってことなんだろうか?

ところで上り階段の最上段は追い抜きやすいよね。
階段って歩幅が階段の幅(25~30㎝)になってしまうので、最後の一段もその歩幅で上がる人が大半だ。
でも最上段は上の階のフロアなので、大股で踏み出すことが出来る。
これで1~2歩分先に行くことが出来る。

競馬の障害もこういうコツがあるんだろうか?

もちろん飛んでから加速はできないが、踏み切るスピードに差は出るはず。

Aも指摘したようにジャンプの巧拙に差があれば、平地を走っている時からの減速度に差ができるだろう。

飛び上がる動作そのものだけではなく、最適な踏切位置、そのための障害間の歩幅の設定などが重要なようだ。

また、障害には色々な種類があり、例えば生垣など掻き分けて行けるものなら必要以上に高く飛ぶ必要はなく、その性質を覚えることも求められるのではないだろうか?

身体能力だけでなく、頭の良さが重要な気がする。

馬場馬術の例が挙げられていたが、競馬の障害はそれよりはジャンプそのものは平易だが、逆にスピードは高く、ジャンプの横方向の距離も長いと思うのでよりスピードの差が出易いように思う。

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク