FC2ブログ

演歌の衰退

AvatarAここ何年も演歌のヒット曲がでていない。

Wikipediaによると音楽理論的には「演歌」というジャンルは存在しないそうだ。
じゃあ、これまで我々が「演歌」と呼んでいたのは何だろう。
1970年代、少し聴けば演歌かそうでないかは判別がついた。
あれは何で判断していたんだろう?

歌詞の表現している題材だと思う。
男女平等はまだまだ実現せず、女性の地位が低かった時代。
どうしても不幸な人生を歩む女性が多かった。
「演歌」の主人公はたいていそういう女性だった。
つまり極論を言えば「不幸な女性の境遇を描く」のが演歌だった。

時代が進み、女性の地位向上と、経済的独立が進んだ現代。
演歌はその題材を失い、滅んでいったのではないだろうか。

ところで男尊女卑は、アメリカでも1960年代まで一般的だった。
やっぱり、当時はアチラでも女性の不幸を歌った歌が多かったんだろうか?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 演歌/歌謡曲
ジャンル : 音楽

ロッキーシリーズ

AvatarA今年のGWの直前、AmazonPrimeにロッキーシリーズがアップされた。
Prime会員は無料視聴できるので、一気に鑑賞した。
ロッキー、ロッキー2~5、ロッキー・ザ・ファイナルの6本だ。

見返して思うのは、やはり第一作は名作だということ。
そして、第二作以降は蛇足だったな、ということ。

第一作は、珠玉の名シーンのオンパレードだ。
エイドリアンとのスケート場のデート。
繊細な感情が伝わってくる初めてのキス。
喧嘩別れしたミッキーとの和解シーンの静けさ。
テーマ曲にのってトレーニングシーンは盛り上がる。
市場を走るロッキーにみんなが声をかける。
徐々にスピードを上げ全力疾走するシーンが美しい。
片手の腕立て伏せ、トレーナーがサムズアップし「ぶっ殺せ」。
博物館の階段を駆け上がり、ピョンピョン跳ねるクライマックス。
アポロとの激闘、満身創痍で「エイドリアン」と呼び続ける。
何度見ても揺さぶられるものがある。
スタローンの美意識とハングリー精神のちょうどいいブレンド。

それに比べ第二作以降は完全に「商売」だ。
それぞれに「夫婦愛」「友情」「同性愛」「親子愛」などのテーマがあるが、いずれも第一作の劣化したコピーだ。
無名のボクサーが、チャンピオンと試合して、15ラウンド戦い抜くことで、自分の人生に意味を見出そうとする感動的な第一作。
それが第二作では勝っちゃうんだから、第一作の感動が台無しだ。
そもそも第一作のラストでアポロもロッキーも「リターンマッチはしない」と言ってたのに何で再戦したのか。

関連記事

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

新婚さんいらっしゃい

AvatarA朝早く目が醒めて、テレビをつけると演芸番組で、桂文枝がゲストの平野レミに話を聞いてていた。
話題は亡夫和田誠との馴れ初めになった。
文枝が「私は馴れ初めを聞く専門家ですから」などと言っていた。
もちろん「新婚さんいらっしゃい」のことだ。

1987年晩秋の日曜日、「新婚さんいらっしゃい」を観ていた。
妻の両親への挨拶で、正座したので足がしびれて立てなくなった話をしていた。
それを見ながら馬鹿な話とゲラゲラ笑った。

そこで時間が来て近所の家に出かけた。
その日はお見合いだったのだ。
その家の女主人は茶道華道の師範で、見合い相手の女性はその弟子だった。
当然和室で正座となり、足がしびれて困った。
ほんの30分前に笑っていた状況に陥ったのだ。

その場をどう切り抜け得たのかは覚えていない。
ただ相手の女性の明るさに救われた記憶がある。
それが今の妻なのである。
関連記事

テーマ : お見合い結婚
ジャンル : 結婚・家庭生活

「今ここにある危機とぼくの好感度について」

AvatarANHKの土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」を観ている。
主人公の松坂桃李は人気が落ち目のアナウンサーだった。
恩師に誘われ大学の広報担当に転職。
次々に発生する不祥事を広報担当として波風立てずさばくことを要求される。
元々好感度を維持することだけに注力してきた彼は右往左往するばかり。

5/8の土曜日の第三話は恩師が記者会見を無難に乗り切るための作戦を立てる話だった。
その1、言質を取られないように当たりさわりのない(=意味のない)ことを述べる
その2、追及されたら何度でも同じことを繰り返す
そのうちに質問者が呆れて追及をあきらめるように持っていくという作戦。
まあ、一種のブラックコメディだ。

5/10の月曜日、帰宅してテレビをつけると我が国の総理が、松坂桃李の作戦を実践していた。


関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

ワクチン接種第1号

AvatarA我が家のワクチン接種第一号は27歳の長男になりそうだ。
5月20日頃でスケジュール調整に入っている。
長男は老人介護施設に勤務して、毎日老人と濃厚接触している。
この為医療従事者と同じ扱いとなるようだ。
先日同じ神戸市の介護施設で大量なクラスターが発生した影響もあるのかもしれない。

先日も担当している老人に陽性が出て、大騒ぎしたところだ。
濃厚接触者なので、PCR検査が予想された。
もし彼が陽性なら、次はうちの家族が濃厚接触者になる。
私や長女もPCR検査が終わるまで自宅待機になる。
会社への報告や仕事の調整も必要になる。
結局、老人は偽陽性だったので、から騒ぎに終わった。

感染者が1人出るたびにその周囲では同じような混乱が発生しているはずだ。

関連記事

テーマ : 新型コロナウイルス
ジャンル : 政治・経済

音楽のある光景 (6) 探偵物語

AvatarA宇多丸が1980年代の薬師丸ひろ子について、他のアイドルと一線を画した存在だったと語っている。
一種宗教的な雰囲気を身にまとっていたとも言ってった。
当時の私は野球と映画以外テレビを観ることはなかった。
たまたま見た歌番組で「探偵物語」(1983)を歌う薬師丸を見て、強い印象を受けた。

夜、どこかの社寺からの生中継。
歴史的建造物の2階部分に立って薬師丸ひろ子が歌い出す。
聴衆を見下ろす姿は、城のバルコニー立つ王侯貴族のようだった。
もちろんそれを狙った演出なんだろうが、それはすなわち宇多丸の言葉を裏付けているように思える。
歌い終わった後、あたりを睥睨する雰囲気が残った。
彼女が芸能界に君臨しているかのようだった。
そのような光景はこの時だけだった。
それだけに忘れられないのだ。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

音楽のある光景 (5) ルビーの指輪

AvatarA1982年の春、卒業を控えた私はゼミ合宿に参加した。
その帰り、同級生が車で家まで送ってくれた。
車の中でずっとかかっていたのが、寺尾聡の「ルビーの指環」(1981)だった。

前年からヒットしていたのは知っていたが、私の寺尾聡のイメージとかけ離れた曲でピンと来てなかった。
この頃の私の寺尾聡のイメージは、「男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け」(1976)によるものだった。
この映画での寺尾聡は、竜野市役所に勤める平役人だ。
先祖は竜野の領主だったが、落ちぶれて下っ端役人に甘んじているという設定。
要領が悪く、失敗ばかりのコメディリリーフが役どころだ。
なので、「ルビーの指輪」のかっこつけた歌詞にイメージがそぐわなかった。

同級生は、カーステで繰り返し「ルビーの指輪」をかけてドライブしていた。
女の子を乗せた時もきっとかけているだろうな、と思いながら聴いていた。
流れる景色の中で聴く「ルビーの指環」はBGMとしては上出来だった。
「なるほど、こういう青春もあるんだ」と思ったりした。
私の普段の生活とのギャップが大きく、印象に強く残った。

そういえば、若い頃HやKの車によく乗せてもらったけど、音楽が流れていた印象がないなあ。
もっぱら大相撲・野球中継だったっけ?
関連記事

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

That's life

AvatarA朝まで生テレビで慈恵医大病院の大木と言う医師がこんなことを言っていた。

「日本は通常医療を守りすぎ。
その為コロナ用の病床や医師看護師が不足して”医療崩壊”となっている。
欧米は日本より桁違いに感染者が多いのに医療崩壊していない。
それは病床や医師看護師をコロナにシフトしているから。
日本もそうすれば医療崩壊はなくなる」

渡辺アナが「そうすると通常医療が圧迫されて、救えるはずの命が失われたりするのでは?」と聞くと
「十分調整は可能だし、もしそれで失われる命があったとしても、それは”That's life”ですよ」と言い放った。

日本の十倍の感染者を出している欧米が、医療崩壊しないのがずっと不思議だった。
医療機関が大胆にコロナにシフトしている為なら、納得できる。
今の日本は、”That's life”とは言えない国だから。
それを言うのは政治家の役目だろうが、そんな奴はおらんからなあ。

【A】朝まで生テレビで慈恵医大病院の大木と言う医師がこんなことを言っていた。

「医療崩壊と言うけれど3」(2021.2.7)で取り上げた人だ。

【A】「十分調整は可能だし、もしそれで失われる命があったとしても、それは”That's life”ですよ」と言い放った。

行政区分に基づいて細やかな対応をしているとは思うけど、平時ではなく有事なら違った対応はあるはずだ。
コロナ病床に限っても、地域に拘らなければ局面はもっと変わるはず。

ちなみに、ある医師から聞いたところでは、医師会の対応がヌルいのは、大阪に関して言えばコロナ以前の時、大阪府が呼吸器の医師の削減をやってたくせに今になって何やねんってのがあるという。
但し言っとくけど、その話をしてくれた人は民間なのにコロナ対応してる医師だ。
関連記事

テーマ : 新型コロナウイルス
ジャンル : 政治・経済

音楽のある光景 (4) 喝采

AvatarA以前従兄の結婚式でちあきなおみの「喝采」(1972)を歌うおじさんの話をしたよね。
ちょっと引用するね。
----------------引用はじめ----------------
30年ぐらい前のいとこの結婚式の披露宴だった。
スピーチを指名された、相手側のおじさんが歌を歌い出した。
その時歌ったのが「喝采」だった。
唄い出しはこうだ。

「いつものように幕が開き
恋の歌うたう私に
届いた手紙は黒い縁取りがありました」

葬式の通知だ。
披露宴にふさわしくないし、ギャグでもない。
聞いてる方は固まったけど、おじさんは最後まで歌い切った。
----------------引用おわり----------------
会場はざわつくわけでもなく、妙に静かだった。
びっくりしたので、この時の光景は鮮明に覚えている。
特に2番の歌詞

「暗い待合室
話す人もない私の
耳に私の歌が通り過ぎていく」

のあたりは、その場の状況にぴったりシンクロして、忘れられない。

小津安二郎の「秋日和」(1960)にこんなシーンがある。
学生時代の友人の七回忌の帰り、黒い背広の初老の男たちが小料理屋で飲んでいる。
未亡人(原節子)があいかわらず美人だとか話している。
そこに顔を出した女将が男たちの服装を見て言う。
「おや皆さん、結婚式のお帰りですか?」
佐分利信が答える。
「まあそんなようなもんだ」
と苦笑い。
慶事と弔事の混同によるユーモアだ。


喝采(2018.7.20)
http://spacecowboys33.blog130.fc2.com/blog-entry-3562.html
関連記事

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

桜花と新幹線

AvatarA太平洋戦争で特攻兵器として使用された桜花。
1人乗りの人間爆弾だ。
ゼロ戦も特攻に使われたが、ほとんどは通常の戦闘で使われた。
桜花は特攻の為に造られた兵器で、爆弾と15分ほど飛べる推進力だけの飛行機だ。
爆撃機から発射されたら、15分以内に爆発する。
つまり桜花の乗組員は死ぬしかない。
設計者の三木は「そんなものが作れるか!」と反対したが、上官の命令には逆らえなかった。

戦後三木は、夢の超特急ひかりの開発にかかわり流線型のボディを設計した。
その後も吊り下げ式のモノレールや、遊園地の乗り物の設計にその技術を使った。
家族に「戦争だけは絶対にだめ」と言い続けた三木の贖罪でもあったろう。

時代は、昭和30年代から40年代の高度成長期。
三木の人生は戦争の暗い思い出を振り払うように生きた日本人の象徴のように感じる。
関連記事

テーマ : 思うこと感じること
ジャンル : ライフ

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク