FC2ブログ

マラソン札幌へ 4

AvatarA 『マラソン札幌へ 3』でHが、「2030年冬季オリンピック開催を目指す札幌へのIOCからの踏み絵かな?」と言ったが、なるほど、それは断れないかも。
ところで、9月9日のパラリンピックのマラソンが開催地変更にならなかったのはなぜだろう?
最高気温は30度を超えているし、湿度も8月同様に高い。
IOCは何か説明しているのかな?




まず、パラリンピックは主催がIOCではなくIPCだ。
実態は知らないけど。

で、そのIPCは9月の暑さはそれほどでもないと言ってるようだ。
「9月」という言葉で安心してんじゃないの?と思ったりもするけど。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

野党は馬鹿?

辛坊治郎が、例によって分かりきったことを大真面目に追及して鬼の首を取ったような顔をしてる野党に、「この人達馬鹿なんじゃないか?」と言っちゃった。

私もそう思う。

何回か書いたけど、私は生来天の邪鬼なので、基本的に心根は野党シンパで、実は自民党になんか投票したことはほとんどない。

しかし、民主党政権でその化けの皮が剥がれてからは、その応援団のメディアを含めて、理想と言うには低レベルで感情的な机上の空論を振り回す有り様に目を覆うばかりだ。

多くの場合自らを省みた視点が欠落しているということもあるんだけど、それに対して政治家に有りがちな厚顔無恥さを感じるというよりも、むしろその瞬間本気で信じてるように見えるところが深刻だ。

まるで学級会のようで、この人達お花畑の住人だなと思えてしまう。
AvatarA

入院と自宅療養を続けているとテレビばっかり見てしまう。
そこにはかなりの確率で国会での野党の追及が取り上げられる。
そういう中で思うのは、野党議員のつっこみの甘さと、マスコミの無批判さだ。
マスコミが無批判に野党の追及を取り上げるから、野党議員も名を売るために大した問題でもないのに大げさに追及しているようにも見える。

マスコミは権力をチェックするのが仕事だから、同じ方向性を持つ野党に甘くなるのはわからないでもないけど、あんまりそればっかりで今みたいになってくると、野党が衰退してかえって権力側を利することになってしまう。


関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

文在寅 金正恩の犬

文在寅が、北朝鮮からの亡命希望者を殺人容疑があるからと言ってろくな調査もしないまま秘密裏に強制送還したのがバレて、大騒ぎになっている。

いよいよ、人権派弁護士の看板もかなぐり捨てて、金正恩の犬振りが露骨になって来たようだ。

韓国民よ、今でもレッドチームに入ったと言われてるけど、早く奴をやっつけないと真っ赤にされちゃうよ。
関連記事

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

マラソン札幌へ 3

「マラソン札幌へ」「続マラソン札幌へ」で、数々の涼しい街がある中でのピンポイントの札幌提案は事前に打診を受けた日本側の提案じゃないかとの疑いを述べたが、もしそうでないとしたら2030年冬季オリンピック開催を目指す札幌へIOCが差し出した踏み絵かな?
関連記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

女性トイレ

世の中にはわかっているのに一向に改善されないことがあるが、その内の一つが女性トイレの少なさだ。

女性トイレだけが混んでいるのはいつも見慣れた光景で、行列を横目にして男性トイレに入りながら気の毒だなと思っている。

広さを同じにすることが平等にはならないのにね。

さすがにイベント系で客層に偏りが想定される場合は臨時で男女変更したりして対応しているけど、根本的な改善は見られない。
関連記事

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

エクセル 切り取り

エクセルでコピーする場合、貼り付ける時文字だけを選択できるけど、 切り取る場合は線やなんかついてくるのが面倒くさいなあ。

まあ、何か方法あるんやろけど。
関連記事

テーマ : エクセル
ジャンル : コンピュータ

続 日本陸連と世界陸連

「日本陸連と世界陸連」で、日本陸連が札幌開催決定後に異を唱え、それを事前にしなかった理由をIOCに楯突いたらオリンピックでマラソン止めると言われた困るからと、情けないことを言ってた話をしたが、改めて考えても逆にオリンピックでやってやんないぞぐらい言えばよかったのにと思う。

サッカーがオリンピック代表を一枚落ちる設定にして、ワールドカップをNo.1の大会にしてるが、それぐらいの気概を持ってやればいいのに。

そうなればオリンピックに合わせて夏にマラソンのNo.1大会をやる必要もないし。

そのためには世界陸上の2年に1回は多いけど。

なんて言うのはブラックジョークにしかならないな。
世界陸連の考え方も見えてこないし、何より自前の大会でも夏にマラソンやってて、そもそもその失敗が今回の騒動の種なんだからね。
関連記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

梶芽衣子

CSで久しぶりに向田邦子脚本の「寺内貫太郎一家」を見た。
勿論、若き日の悠木千帆(樹木希林)のおばあちゃん姿も印象深いが、一際目を惹いたのが長女役の梶芽衣子の美しさだ。
しかも、強面のイメージと違い少し憂いを含んだ清楚な佇まいだ。



梶芽衣子 ああ、若い頃ってこんなだったんだと思ってハタと気がついた。

「寺内貫太郎一家」は1974年なので、「女囚さそり」シリーズより後なのだ。
強面イメージはどうやら私の思い込みのようだ。

これなら以前話題にした「日本版冒険者たち」も似合わないことはなさそうだ。

もう一つ驚いたのは、キャリアを遡ってみると、彼女、旧芸名時代を含めるとデビューは1965年と思いの他古いことだ。

何とあの「夜霧よ今夜もありがとう」にも出演しているそうだ。
関連記事

テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

安倍政権と日韓問題

私は文在寅になってからの韓国の暴挙には一切妥協する必要ないと思っている。
植民地支配がもたらしたものへ申し訳なさを感じたり、韓国人に親愛の情を覚えたりするのとは全然別の話なのだ。

なので、最近あちこちで綻びの目立つ安倍政権ではあるが、この問題が片付くまではぜひとも続投していただきたいと思っている。

何しろ野党はもとより与党の一部にも媚韓派がいて、過去に韓国に押せば引いてくるとの意識を植え付けた経緯から言っても他の政権は信用できないから。

媚韓と言えば、マスコミの多くもそうで、相も変わらず毅然とした態度をヘイトスピーチ的なものとごっちゃにして、嫌韓と指弾しているが、彼らの媚韓的な言動こそ本当の嫌韓派の馬鹿げた心の火に薪をくべている。媚韓と嫌韓は表裏一体だ。

どっちも止めて普通に付き合おうや。
関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

日本陸連と世界陸連

陸連がマラソンの札幌開催に異を唱えた。
率直な意見を言うことは結構だけど、決まってからでは引かれものの小唄にさえなっていないし、ましてその理由がオリンピックからマラソンを外されたらと怖かったからとは情けない。

マスコミもこれまで日本陸連の見解を問うていなかったとしたら抜かっている。

とは言え、言ってることは理解できる。
条件に合わせて努力して来た者を蔑ろにして、何がアスリートだと。
ただそこには日本に有利に運べたのにという残念さも見え隠れする。

じゃあ、話のきっかけとなった世界選手権を主催した国際陸連はどんな意向なのか?またIOCとの意見の擦り合わせはあったのか?等不明の点は多い。
報道の無いのも気になるが、そもそも果たして日本陸連自体、世界陸連から情報を収集したり、先手を打って動いたりの努力をしたんだろうかという疑問も湧いてくる。
関連記事

テーマ : オリンピック
ジャンル : スポーツ

プロフィール

spacecowboys A H

Author:spacecowboys A H
Space Cowboys は、2人の親父です
"A" システムエンジニア・
   中日ファン・世情に疎い
"H" 総務畑・てっちゃん・
   阪神ファン・雑学が得意
2人ともイーストウッド好きの還歴男

カテゴリーメニュー

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク